スポンサードリンク

2014年04月16日

韓国の旅客船転覆、3人死亡 292人が安否不明


韓国の南部沿岸沖で16日朝に起きた旅客船転覆事故で死亡が確認された犠牲者は1人増え、これまでに計3人となった。

乗客乗員459人のうち292人の安否が依然不明のままとなっている。転覆した船内に多数が閉じ込められたとみられ、最終的な死者が多数に上ることが懸念されている。

韓国政府は当初、368人が救出されたと発表していたが、韓国海洋警察が安全を確認したのは164人のみと訂正している。

乗員30人、乗客429人を乗せた旅客船は15日夜に韓国西部の仁川港を出港し、韓国南西部の人気リゾート、済州島に向かっていた。乗客のうち300人以上はソウル南郊・安山市の高校の生徒で、14人は同校の教員だった。

旅客船は同国南部・屏風島の約20キロ沖合を航行中に何らかのトラブルに見舞われた。海洋警察は、16日午前9時(日本時間同)ごろに旅客船からの遭難信号を受け取ったと発表している。旅客船は左舷側に45度以上傾き、その後2時間のうちに完全に転覆して、船尾部分しか見えなくなった。

事故の原因は分かっていないが、救出された乗客らは大きな衝撃音が聞こえた後に船がとまったと話していることから、座礁した可能性がある。安全行政省によると事故現場では現在、海軍、海洋警察、民間の船舶34隻と、ヘリコプター18機が救助にあたっている。

現地テレビが放映した上空からの映像では、沈没しかけた旅客船の甲板から救命ジャケットを着用した乗客がゴムボートに乗り移る様子や、急角度に傾いた旅客船の側面を滑って水中に逃れた人を、駆けつけた小型漁船の乗組員などが必死に救助する様子が映し出された。

安全行政省によると現在、韓国海軍の特殊部隊(シールズ、SEALs)のチームを含めたダイバーたちが、船内などを捜索しているが、海中に泥が多く、視界が非常に悪いという。また朝鮮半島の西側を巡回していた米海軍第7艦隊所属の強襲揚陸艦が支援へ向かっている。




posted by world at 22:24| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

チリで大規模な山火事、住宅500棟余り全焼【画像】


チリの首都サンティアゴの西方110キロに位置する港湾都市バルパライソで、12日に大規模な山火事が発生し、住宅500棟余りが全焼した。当局は現場一帯に警報を発令しており、これまでに住民約3000人が避難した。



posted by world at 22:14| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

中国巡視船、マレーシア機捜索海域で信号を探知


インド洋に墜落したとみられるマレーシア航空MH370便の捜索に当たっている中国の巡視船が5日、同機のブラックボックスと同じ周波数の信号を探知した。ただオーストラリア当局は、同機と関係があるという証拠はまだないとして注意を促している。

乗客乗員239人を乗せたMH370便がマレーシアのクアラルンプールから中国の北京に向かう途中で消息を絶ってから4週間、中国国営新華社通信は5日の速報で、中国の巡視船Haixun 01に搭載されているブラックボックス探知器が、南緯25度東経101度の地点付近で周波数37.5キロヘルツの信号を探知したと報じた。

MH370便に搭載されていたブラックボックスの製造元であるハネウェル・エアロスペースの広報担当者がAFPに語ったところによると、同機のフライトデータレコーダーおよび操縦室のボイスレコーダーの水中音響ビーコンはともに、この周波数で作動しているという。

MH370便の捜索に当たる国々を率いているオーストラリア当局は、今回の報道に対して慎重を期すよう求め、同機との関連性はまだ確認されていないと強調した。

捜索当局が、捜索活動を率いるアンガス・ヒューストン氏の話として伝えたところによると、報じられた信号の特徴は「同機のブラックボックスと一致」しており、探知地点から約90キロ離れた海上では多数の白い物体も発見されたという。ただ同氏は、「信号と物体が同機と関係があるかどうかは、現段階で確認できていない」としており、オーストラリアが中国側にさらなる情報の公開を求めたことと、この海域への捜索隊の派遣を検討中であることを明らかにしたという。

一方の中国当局も、信号はまだ特定されていないとして注意を促しており、China Maritime Search and Rescue Centerは、認証済みのマイクロブログのアカウントに「Haixun 01が探知したパルス信号は現時点で特定されていない」と掲載している。



posted by world at 22:16| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

シューマッハー氏意識回復の兆し


昨年12月のスキー事故で昏睡状態が続いている元フォーミュラワン(F1、F1世界選手権)ドライバーのミハエル・シューマッハ(Michael Schumacher)氏の容体について、同氏の広報担当者は4日、「意識と覚醒の瞬間」があると発表した。数か月に及ぶ治療に進展の兆候が出ているとみられる。

シューマッハ氏の広報担当、ザビーネ・ケーム(Sabine Kehm)氏は声明で「ミハエルは進展している。意識が戻ったり覚醒したりする瞬間が見られる」と語った。

シューマッハ氏は昨年12月29日、フランスのリゾート地メリベル(Meribel)で息子や友人らとスキー中、転倒して岩に頭をぶつけて重傷を負い、人工的な昏睡(こんすい)状態に置かれている。

同氏は現在もグルノーブル大学病院(Grenoble University Hospital)に入院中で、容体に関する情報はほとんど伝えられていないが、家族は1月30日、シューマッハ氏の意識を取り戻すため昏睡状態を保つ薬剤の投与量を減らしていると話している。

posted by world at 21:58| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

チリ沖地震 津波


日本時間の2日午前8時46分ごろに起きた南米チリ北部の沿岸で発生したマグニチュード8.2の巨大地震で、2メートルを超える津波が観測され、気象庁は3日午前3時ごろ、日本の太平洋沿岸に津波注意報を発表する可能性があり、注意を呼びかけている。

チリでは2010年2月、M8.8の地震で津波が発生し、約500人が死亡している。

日本とチリは同じ太平洋に面しており、どちらかで地震があれば反対側にも津波がくるという意味で同じ危険を共有している。

気象庁では太平洋の広い範囲で津波発生の可能性があるとして注意を呼びかけている。

仮に津波が日本に到達する場合、発生から約24時間後の3日朝、太平洋沿岸に到達することになるという。




posted by world at 21:40| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月31日

マレーシア機捜索、ブラックボックス探知器を投入


消息を絶ったマレーシア航空MH370便の捜索は31日、ブラックボックスの回収に向け、特殊探知装置を搭載したオーストラリア艦船「オーシャン・シールド」が投入された。ただ、専門家は、捜索範囲を絞り込むためにはまず海面に浮かんだ残骸を発見する必要があると警告している。

239人を乗せて8日に消息を絶ったMH370便は、マレーシア当局の発表によればインド洋の南海域に墜落したとされる。これまで何度か同海域に浮遊する物体の目撃情報が上がっているが、MH370便の残骸と確認されたものはまだない。

31日は、ノルウェーの国土面積に相当する海域でオーストラリア、中国、日本、ニュージーランド、マレーシア、韓国、米国の7か国の航空機が空からの捜索を再開。また、中国の船7隻とオーストラリアの船2隻、商船1隻の計10隻が、豪南西パースから西方沖に1850キロ離れた絶海域に向かった。

10隻のうち豪艦船「オーシャン・シールド」は、米国が提供したブラックボックス探知装置を搭載している。装置はブラックボックスが発する信号音を検知する「ピンガー・ロケーター」や電子センサーで海底をくまなく探索できる無人潜水機を備えている。

しかし、2009年に大西洋に墜落したエールフランス機の捜索に当たった米海軍のマーク・マシューズ大尉は、ブラックボックスが発する信号を探知するにはマレーシア機の墜落海域を特定することが先決だと指摘した。

ブラックボックスが信号を発し続ける期間は通常30日間程度とされるため、「オーシャン・シールド」の現場海域到達がこれに間に合わないのではとの懸念も出ている。



posted by world at 22:03| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

マレーシア機の針路、ドップラー効果で解明 インマルサット



英衛星通信事業者インマルサットは24日、消息を絶ったマレーシア航空MH370便がたどった針路について、同機から発せられた「ピン(ping)」と呼ばれる信号のドップラー効果を測定することで解明したと発表した。

マレーシア首相は24日夜、インマルサットの解析結果に基づき、MH370便はインド洋に墜落したと発表した。

ピン信号は地上基地から衛星に発信され、そこから航空機に届くと自動的に元の衛星と地上基地に返されてくる。全地球測位システム(GPS)データや時間や距離に関する情報は含まれていない。

インマルサットでは、ピン信号が戻って来るのにかかる時間を計測した。「我々は、軌道上の衛星の動きによる周波数の変化であるドップラー効果に目を向けた。その結果、北ルートと南ルートの二つの予測ルートが得られた」と同社の上級副社長、クリス・マクラフリン氏は英テレビ局スカイニュースに語った。

さらにマクラフリン副社長は「機体の速度が一定だったのかどうかは分からない。また機首方位が変わったのかどうかも分からない。(従って)自動操縦の速度、約350ノットをあてはめた。さらに、同機のピン信号に関する情報から正しい答えを見いだすために、我々が持っていた燃料や航続距離に関して知り得た情報をあてはめた」と説明した。

「通常は三角測量を用いたいし、大体はGPSがある。しかし、対象地域を飛行する航空機には現在位置を知らせる信号送信が義務付けられていないため、まったく手がかりがないところから始め、非常にユニークな手法を使った。今回の方法で(解析を)行ったのは初めてだ」

そしてMH370便のこれらのデータと、他のマレーシア航空の旅客機や同様のルートから得られたデータを比較したところ、同便がたどったのは南ルートしかあり得ず、最終的に燃料が尽きたと結論付けた。インマルサットが予測した南ルートと、同様のルートを飛行する他の航空機からの測定値は「異常なほど一致」したという。

インマルサットでは23日、照会のためこの新たな情報を英航空事故調査委員会に渡した。その結果、南ルートをとったことに疑問の余地はないとの回答が得られたという。



インマルサットシステム概説/千葉榮治

posted by world at 21:26| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

マレーシア航空が会見 「生存者なし」


インド洋の海上に墜落したとの見方が示されたマレーシア航空機について、25日午後、マレーシア航空のノル・ユソフ会長とジャウハリ最高経営責任者が記者会見を開き、生存者は残されていないという認識を示した。

posted by world at 20:35| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

不明マレーシア機の貨物パレットとストラップを発見 豪当局


消息を絶ったマレーシア航空MH370便についてオーストラリア当局は23日、インド洋上空からの捜索で22日に貨物パレットとベルトまたはストラップとみられる物体が発見されたことを明らかにした。

発見したのは捜索活動を支援していた民間機で、オーストラリア海洋安全局は「これまでの捜索で初めて目視された」物体だとしている。

AMSAのマイク・バートン航空機運航調整官によると、貨物パレットは木製で、その周囲にも何らかの物が浮かんでおり、ベルトは色や長さがさまざまだったという。23日に捜索を行う軍用機4機と民間機4機は、目撃地点でこれらの物体の再発見に努めるという。

バートン氏は、木製パレットは航空貨物輸送で広く使われており、複数のパレットを入れたコンテナを航空機の機体下部に積むことが多いと指摘し、今回の目撃情報は「手がかりになり得る」と述べた。しかしその一方で木製パレットは海運業界でも使用されていると述べ、目撃されたパレットがマレーシア航空機と関係がない可能性もあるという見方を示した。

オーストラリア当局は16日と18日に衛星画像で捉えられた大きな物体の捜索を、面積5万9000平方キロメートルの広大な海域で継続する方針だが、現場が隔絶した海域である点が大きな障害となっている。バートン氏は「航空機による捜索活動は2500キロ沖の遠隔海域で行われているが、航続時間からすると限界に近い。わずか1〜2時間の捜索で戻らなければならない」とコメントした。


posted by world at 21:19| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

30人殺害と自白のスウェーデン「連続殺人犯」トーマス・クイック、一転無罪で釈放


20年以上前に30人以上を殺害したと自白して有罪となり北欧で最も凶悪な連続殺人犯とされた男性が、自白を撤回し殺人の罪も全て取り下げられ、19日に収容されていた精神医療施設から釈放された。

トーマス・クイックの名で知られていたストゥーレ・ベルグワール元受刑者は1990年代初め、30人を殺害したと告白。このうちの8件の殺人について有罪となり終身刑の判決を受けた後、スウェーデン北部の精神医療施設に収容されていた。

裁判所は、ベルグワール元受刑者は現在も「人格障害」に悩まされているが、施設などに収容しておく必要はないとして、元受刑者の釈放を命じた。釈放に際しては、アルコール類や薬物摂取の禁止、定期的な治療、新居に移った後も地元当局の支援を受けることなどの条件が課されている。

ベルグワール元受刑者は近年、定期的にブログやツイッター(Twitter)への投稿を続けており、さらに北の山岳地域に引っ越し自身の経験を本につづることなどを計画していると書き込んでいた。

19日には「私が無罪放免になったということは、司法の不祥事があったということだ。私が施設に収容されたのは私自身の精神衛生上の問題ではなく、判事たちや施設の名声のために行われた」と書き込んでいる。

1976年から1988年の間に起きた8件の殺人事件について、全てベルグワール元受刑者による犯行とみなして早急に下された有罪判決は、現代スウェーデンにおける司法最大の誤審とみなされている。

ベルグワール元受刑者は武装強盗事件で有罪判決を受けた後の心理カウンセリングで、これら8件の殺人について自身の犯行だと認めた。さらに元受刑者はノルウェーやフィンランドでも殺人を犯したと語ったが、これらについては起訴されていない。

ベルグワール元受刑者は「自白」した殺人について被害者を殺害した経緯を詳細に語り、被害者の体の一部を食べたこともあるなどと語っている。

だが2008年になってベルグワール元受刑者は突如、すべての自白を撤回。当時は世間の注目を集めたいと切望していたうえ、医師によって大量の薬剤を投与されていたと語り始めた。

2013年7月には、それまで残っていた最後の殺人についても無罪が認められ、今月19日の釈放に至った。

野党の有力議員や司法の専門家らは、証拠不十分であったにも関わらず裁判所がベルグワール元受刑者を有罪とした経緯を検証する独立調査委員会の設置を求めている。



posted by world at 19:29| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。