スポンサードリンク

2016年12月06日

真珠湾攻撃から75年 出撃する戦闘機見送った元整備兵

【12月6日 AFP】大阪在住の瀧本邦慶さん(95)は、75年前の1941年12月7日、米ハワイ州の真珠湾へと向けて、空母「飛龍」から飛び立つ攻撃機をその目でしっかりと見ていた。


存命の旧日本軍の兵士は、今や数少なくなっている。かつて攻撃機の整備兵を務めていた瀧本さんは、「あんな大きな国と貧乏の何もない国がやって大丈夫かなっていうことを感じましたわ」と述べ、真珠湾への攻撃で浮かれていた国内のムードに不安を覚えたと、自宅で応じたAFPの取材に語った。

瀧本さんは、「始まったばかりじゃないですか。だまし討ちみたいなもの」と真珠湾への攻撃について話し、奇襲攻撃だったことを考えると、ある程度の成功は保証されていたも同然だったと強調した。

瀧本さんら乗組員は、空母がハワイに向かって出航した後、その目的について初めて耳にした。その時はさすがに動揺したという。


■「命令が出たら命がけ」

操縦士や整備士らは一貫して冷静だった。攻撃機は1機ずつ順番に飛び立ったが、特別な送り出しなどはなく、「万歳」の声も上がらなかったという。

瀧本さんは、「特攻隊の映画なんかでする、あんなことは全然ないですわ」と語気を強め、そして「命令が出たらもうこっちも命がけでやらんといかん」と続けた。

また、米国を攻撃するリスクについての不安はあったが、操縦士らを支えているという自負はあったとし、彼らとの信頼関係については「これは無言のうちにある程度ありますわ」と話した。

日本は当時、フィリピンやシンガポール、オランダ領東インドなどへの攻撃も行っていた。永遠に続くと思われた欧米による植民地支配を、一気に覆そうとする勢いもあった。ただ当初の優勢は長続きせず、その流れはたちまち変わる運命にあった。瀧本さんの不安は的中した。

真珠湾攻撃が行われた12月7日を、当時のフランクリン・ルーズベルト米大統領は「屈辱の日」と表現し、国民の団結心をあおった。

1942年6月、激しいミッドウェー海戦で米軍の空爆を受けた飛龍は大きな炎に包まれた。そして、瀧本さんを含む乗組員500人は生き残ったが、1000人が死亡したという。付近にいた日本の船にやっとの思いで救出された当時の光景について瀧本さんは、「地獄ですわ」と説明した。



■日米の認識差

瀧本さん個人としては、真珠湾攻撃から75年という節目を特別な記念日にしようという計画はない。戦時中には、同じように重要で忘れ難い出来事が他にいくつもあったからだ。それでも自身にとっては「ミッドウェーのほうがうんと大事な日」だったと話す。

確かに、首相が出席して全国にテレビ放映される、厳粛な雰囲気の原爆の日の式典に比べると、真珠湾攻撃にそこまでの注目は集まらない。

米国では、12月7日は真珠湾攻撃の戦没者を追悼する日になっている。その一方で、広島・長崎に原爆が投下された日は、公式記念日には指定されていない。

東京大学で米文化研究およびハワイ史を専門とする矢口祐人教授は、両国の捉え方が一致しなくとも驚くには値しないと指摘する。そして「人はやられた事のほうが、やった事より記憶に残るのは当然」とコメントした。

米国では真珠湾が、そして日本では広島や長崎が、それぞれ重要な象徴的意味を持っており、歴史的正当性に深く関わっている。

真珠湾がなければ広島や長崎はなかったという考えがある。その一方で、軍事基地に対して通常兵器を用いた攻撃と、一般市民に対して核兵器を使った攻撃とは倫理上同等とはみなし得ないという見方もある。


■「感動も何もない」

今年5月には、バラク・オバマ米大統領が、終戦直前に原子爆弾が投下された広島を訪問した。現職の米大統領としては初となったオバマ氏の広島訪問は、概して好意的に捉えられ、謝罪こそなかったものの、共通認識を模索する努力と受け止められた。

このオバマ大統領の広島訪問をめぐっては、その返礼として、安倍晋三首相も真珠湾を訪問すべきかどうかという議論に発展した。

そして、安倍首相は5日、今月後半にハワイでオバマ大統領と会談することを発表し、訪問時に真珠湾での慰霊を行うことについても明らかにした。

この発表の前、戦争および国を戦争へと向かわせる各国のリーダーたちを厳しく批判してきた滝本さんは、安倍首相が真珠湾を訪問するとしたら、それは自らの支持率上昇につながると判断したときだろうと話していた。「目的がわかってるから、私なりにね。私は感動も何もしませんわ」 (c)AFP/Shingo ITO

http://www.afpbb.com/articles/-/3110404?pid=0&page=2
posted by world at 20:03| 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

ベルギー、地下鉄の全駅を閉鎖【2chの反応】


ベルギーの首都ブリュッセルの公共交通当局は、
「差し迫った脅威」のために首都圏の警戒水準が最高レベルに引き上げられたことを受け、21日に地下鉄の全駅を閉鎖すると発表した。

655c40e6.jpg

同市内の公共交通を運営する「STIB」はウェブサイト上で、
「内務省の危機対策センターの勧告により、地下鉄と軽便鉄道の全ての駅を終日閉鎖する。これは予防措置だ」と述べている。
http://www.afpbb.com/articles/-/3067611

イスラム聖戦テロの脅威 日本はジハード主義と闘えるのか (講談社+α新書)
イスラム聖戦テロの脅威 日本はジハード主義と闘えるのか


2: ジャストフェイスロック(catv?)@\(^o^)/:2015/11/21(土) 19:13:22.75 ID:tX2oE2qK0.net

ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール駅


3: ハイキック(catv?)@\(^o^)/:2015/11/21(土) 19:13:41.83 ID:wjyLXlXP0.net

テロ予告でもあったのか?


33: 16文キック(dion軍)@\(^o^)/:2015/11/21(土) 19:22:58.71 ID:6mNXkEEz0.net

>>3
フランステロの武器が隣国ベルギー産じゃないかって話もあったし、テロしやすいからとか?
後はベルギー周辺って英独仏だから、EUに脅威を与えるプロパガンダ的なテロをやるのに、
ベルギーを選択するのは悪い話ではない


4: スターダストプレス(やわらか銀行)@\(^o^)/:2015/11/21(土) 19:13:46.69 ID:QkjmCLXQ0.net

なんか傍受したん?


6: フランケンシュタイナー(dion軍)@\(^o^)/:2015/11/21(土) 19:14:16.06 ID:gUkTwwh90.net

アホみたいにモスク建てまくって移民受け入れるから


8: 腕ひしぎ十字固め(四国地方)@\(^o^)/:2015/11/21(土) 19:14:59.52 ID:LnUNz0Eg0.net

日本ならサリン撒かれた翌日でも通常運行なのに


10: ランサルセ(山形県)@\(^o^)/:2015/11/21(土) 19:16:16.53 ID:aEIeztiC0.net

ものすごい経済損失だろうな
善人面して移民なんぞホイホイ受け入れるからこうなる


11: 河津落とし(神奈川県)@\(^o^)/:2015/11/21(土) 19:17:01.20 ID:SopGkgov0.net

日本で同じ事になったら会社行かなくていいの?


32: ネックハンギングツリー(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/:2015/11/21(土) 19:22:29.28 ID:Y3IzQT420.net

>>11
あるいてでも行くんだよ


12: 膝十字固め(禿)@\(^o^)/:2015/11/21(土) 19:17:05.88 ID:GI68jBRN0.net

シャッターの落書きはどこの国もそっくりだな


14: 膝十字固め(静岡県)@\(^o^)/:2015/11/21(土) 19:17:33.26 ID:kRv6dHmE0.net

ベルギスタンへようこそ。2030年までにイスラム国家になるベルギー




21: 男色ドライバー(埼玉県)@\(^o^)/:2015/11/21(土) 19:19:18.63 ID:ErKUCdW20.net

>>14
ベルギーって何でイスラムに支配されてんだ?
移民を積極的に受け入れた結果なの?


28: 垂直落下式DDT(茨城県)@\(^o^)/:2015/11/21(土) 19:21:02.92 ID:lVUcBoe+0.net

>>21
ただでさえ言語が独仏に分かれて「国家」という枠が崩壊に向かってるところに、自称リベラルの移民政策が直撃した


15: ジャンピングエルボーアタック(東京都)@\(^o^)/:2015/11/21(土) 19:17:36.66 ID:4gCZUZjR0.net

何が始まるんです


18: 超竜ボム(大阪府)@\(^o^)/:2015/11/21(土) 19:18:47.46 ID:hob79uUm0.net

完全に戦時下


20: アンクルホールド(茸)@\(^o^)/:2015/11/21(土) 19:19:10.86 ID:t+D354DO0.net

満員電車で・・・ってたまったもんじゃないな


22: ボ ラギノール(愛知県)@\(^o^)/:2015/11/21(土) 19:19:33.34 ID:netagmw70.net

本気で対策しないとフランス・ベルギー国境を閉鎖されるからなw


26: バーニングハンマー(東京都)@\(^o^)/:2015/11/21(土) 19:20:43.66 ID:3kSrJbKG0.net

犯行予告がありましたと自白してる。


30: ネックハンギングツリー(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/:2015/11/21(土) 19:21:38.43 ID:Y3IzQT420.net

すげーな
東京だったら麻痺する

イスラム国 テロリストが国家をつくる時
イスラム国 テロリストが国家をつくる時
posted by world at 22:46| 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

海岸に打ち上げられた移民男児の遺体、欧州各国で波紋呼ぶ


トルコ沖で移民らを乗せた船が転覆した後、海岸に打ち上げられた男児の遺体を写した写真が、大きな反響を巻き起こしている。

トルコの通信社ドーガンが撮影した写真には、トルコ・ボドルム近くの砂浜にうつぶせに横たわる男児の遺体が写っている。遺体はその後、警官によって拾い上げられた。

写真はインターネット上で広く共有され、ツイッター上ではハッシュタグ「#KiyiyaVuranInsanlik(海岸に打ち上げられた人間性)」が世界のトレンド上位に入った。

英紙デーリー・テレグラフは「難民危機の真の悲劇を示す恐ろしい画像」との見出しを掲載。英紙ガーディアンは、この写真が悲惨な現状を「国内に持ち帰った」と報じた。

英紙インディペンデントは、「もし、シリア人の子どもの遺体を写したこの非常に力強い写真をもってしても、欧州の難民に対する姿勢が変わらないとしたら、いったいどうやったら変わるというのか」と報じた。

また、ハフィントン・ポスト英国版は、「何とかしろよ、デービッド」と、同国に到着する移民に対し強硬策をとるデービッド・キャメロン英首相に迫った。

スペインでは、エルパイス、エルムンド、エルペリオディコの各紙のウェブサイトも写真を掲載。エルペリオディコ紙は「欧州の水死」とのタイトルを写真につけた。

男児は、ギリシャのコス島に向かう途中の2日朝にトルコ海域で沈没した移民船2隻に乗っていて死亡したシリア人のうちの一人とみられている。

死亡したのは少なくとも12人で、うち5人が子ども、1人が女性だった。他に15人が救出され、救命胴衣を着け海岸にたどり着いて助かった人もいた。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150903-35069879-cnn-int
posted by world at 22:08| 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

イスラム国「日本にとって悪夢の始まり」 後藤健二さん殺害動画 イスラム国「日本にとって悪夢の始まり」 後藤健二さん殺害動画 イスラム国「日本にとって悪夢の始まり」 後藤健二さん殺害動画 イスラム国「日本にとって悪夢の始まり」 後藤健二さん殺害動画


イスラム教スンニ派(Sunni)の過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」は日本時間1日早朝、拘束していたジャーナリストの後藤健二(Kenji Goto)さんを殺害したとする動画をインターネットに公開した。

この動画では、イスラム国が殺害を予告していたヨルダン軍戦闘機パイロットについては言及されていない。

動画には、山を背景にオレンジ色の服を着てひざまずいた後藤さんと、その横にナイフを持って立つ覆面をした黒ずくめの男が映っていた。男は日本政府を非難して後藤さんを殺害すると話した。

男は英国風の英語を話しており、イスラム国がこれまでに公開していた人質殺害動画に登場した戦闘員と同一人物だとみられる。

後藤さんが着ていたオレンジ色の服は、キューバのグアンタナモ湾(Guantanamo Bay)にある米軍基地施設の収容者が着せられているものと似ている。過去の同様の動画でも殺害された人質たちは同じような服を着ていた。

黒ずくめの男は安倍晋三(Shinzo Abe)首相を名指しして、後藤さんの死は日本政府の「向こう見ずな決断」の結果であり、「日本にとって悪夢の始まり」になると述べた。

この短時間の動画は、切断された頭部が載せられたオレンジ色の服を着た遺体の画像で終わる。

米国家安全保障会議(National Security Council、NSC)のバーナデット・ミーハン(Bernadette Meehan)報道官は、米政府は人質の殺害を強く非難するとともに、動画の信ぴょう性の確認を進めていると述べた。



posted by world at 17:12| 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

後藤健二さんの妻が初めて声明、「夫と操縦士を救って」


イスラム教スンニ派(Sunni)の過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」が人質に取り、殺害すると脅迫している日本人ジャーナリストの後藤健二(Kenji Goto)さんの妻が29日、事件発覚後初めて声明を出した。後藤さんの命を救うことにつながり得る人質交換の期限の数時間前のことだった。

イスラム国は、後藤さんと引き換えにヨルダンに収監されているサジダ・リシャウィ(Sajida al-Rishawi)死刑囚を釈放しなければ、ヨルダン軍パイロットのモアズ・カサスベ(Maaz al-Kassasbeh)さんを殺害すると脅迫している。トルコとシリア国境でのこの人質交換の期限は、この日の日没とされていた。

フリージャーナリスト支援団体「ローリー・ペック・トラスト(Rory Peck Trust)」のウェブサイト上で公開された声明には、「リンコ(Rinko)」とのみ署名されている。この中で後藤さんの妻は、日本とヨルダン両政府に対し、夫とヨルダン人パイロットの命を救うよう懇願している。

「誘拐犯らはこれまでの20時間に、最後となるとみられる最新の要求を送ってきました」と後藤さんの妻は述べた。「健二と交換できるよう、29日の木曜の日没までにサジダがトルコ国境に来ていなければ、ヨルダン人パイロットは直ちに処刑されます」としている。

イスラム国は直近のメッセージの中で、戦争ジャーナリストとして知られる後藤さんを解放する用意があるとしていた。

しかしヨルダン政府は、昨年12月24日にF16戦闘機でシリア北部を飛行中に墜落したパイロットのモアズ・カサスベさんの解放を要求。イスラム国が提示した期限が迫る中、ヨルダン側はカサスベさんが生存している証拠の提出を引き続き求めているとしているのに対し、イスラム国はこれまでのところこれを拒否している。

後藤さんの妻は、夫妻の間に幼い娘が2人いると明かし、「健二が日本を離れた時、次女はまだ生後3週間でした。私は、2歳の長女が父親に再会できるよう願っています。2人には父親を知りながら成長してほしいのです」

「夫は善良で正直な人です。シリアに向かったのは、同国で苦しむ人々の窮状を伝えるためでした」「夫にとって、これが最後のチャンスになるのではと危惧しています。確実に夫を解放させ(カサスベさんの)命を救うには、もう数時間しか残されていません」

「ヨルダンと日本の両政府が、2人の運命は両政府にかかっているのだとご理解下さるよう切に願います」。



posted by world at 13:42| 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月19日

イスラム国 英国人ジャーナリストの動画公開


イスラム教スンニ派(Sunni)の過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」は18日、英国人のフリーフォトジャーナリスト、ジョン・カントリー(John Cantlie)氏を撮影した動画を公開した。その中でカントリー氏は、自分は人質として拘禁されていると語っている。

動画共有サイト「ユーチューブ(YouTube)」に投稿された3分21秒の動画は「私の話に耳を傾けて(Lend Me Your Ears)」と題され、オレンジ色のつなぎを着たカントリー氏が、ニュースリポートのようにカメラに向かって英語で話し、アラビア語の字幕が付けられている。

同氏は今後一連の動画の中で、イラクとシリアの一部を掌握している「イスラム国の制度と動機の裏に秘められた真実」を明らかにすると予告している。この動画を見る限り、カントリーさんに命の危険が迫っている様子は見受けられない。

過去にAFPをはじめ、英日曜紙サンデー・タイムズ(Sunday Times)やサンデー・テレグラフ(Sunday Telegraph)にも寄稿しているカントリーさんの話では、2012年11月にシリアを訪問した後に拘束されたという。

この動画がいつ撮影されたのか、またカントリーさんがいつISの人質になったのかについては不明だが、今年6月にイラク内の広範囲を掌握したISの根絶を目指す米国主導の軍事作戦に言及しているため、少なくともそれ以降に制作されたとみられる。

この最新動画投稿の数日前にISは、英国出身の援助活動家、デービッド・ヘインズ(David Haines)氏を斬首する場面を撮影したという動画を公開。その中でISは、イスラム教系慈善団体の要請で、シリア向けの人道援助車両の運転ボランティアに応じた英国人、アラン・ヘニング(Alan Henning)氏を殺害すると脅迫している。またISは先に、2人の米国人ジャーナリスト、ジェームズ・フォーリー(James Foley)氏とスティーブン・ソトロフ(Steven Sotloff)氏を殺害している。

ニュースではわからない イスラム57か国の実像 (KAWADE夢文庫)
ニュースではわからない イスラム57か国の実像 (KAWADE夢文庫)
posted by world at 09:40| 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

タリバン、米軍兵士の引き渡し映像を公開



アフガニスタンの旧支配勢力タリバンは4日、約5年に及んで拘束していた米軍兵士、ボウ・バーグダール軍曹の身柄を米軍に引き渡した際の映像を公開した。

全17分間の映像には銃を持ったタリバンの戦闘員の1人が「アフガニスタンに2度と来るな。次は誰もおまえを解放しないぞ」と語る声も録音されている。

映像には、砂ぼこりをたてながら渓谷に到着する米軍のヘリコプターや白旗を持った戦闘員、その横で不安そうな表情を見せるバーグダール軍曹が写っている。戦闘員と米軍兵士たちがさっと握手を交わすと、バーグダール軍曹はよろけるようにヘリコプターに近づいた。

タリバンが公開したこの映像には「Ceremony of the American soldier exchange(米軍兵士の交換式)」というタイトルが付けられている他、途中に「アフガニスタンに戻って来るな」との文字が映像に重ね合わせられている場面もある。宗教的な音楽や「神は偉大なり」という詠唱がかぶせられ、男性の声で身柄引き渡しはアフガニスタン東部ホースト(Khost)州で行われたとする説明が入っている。

さらにこのナレーションは「米国側から接触があり、われわれの都合の良い場所を尋ねてきた。われわれは彼ら(米国人)を信用していないので、部族の長老たちに連絡し、立ち会ってもらった」と説明し「この勝利のためにすべてのムジャヒディン(イスラム聖戦士)を祝福する」と語っている。

映像の信ぴょう性について、AFPでは独自に確認することはできていない。



タリバン―イスラム原理主義の戦士たち
タリバン―イスラム原理主義の戦士たち
posted by world at 13:36| 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

シリア・ヤルムーク難民キャンプ 4万人餓死の危機


シリア政府軍による包囲が続く首都ダマスカス(Damascus)近郊にあるヤルムーク(Yarmuk)パレスチナ人難民キャンプで、4万人余りが餓死の危機に瀕している。国連(UN)は今週、痩せ衰えた人々がキャンプ内の通りを見渡す限り埋め尽くす、衝撃的な写真を公開した。

やつれた顔で着の身着のままの姿で通りを埋める人々は、食糧配給に殺到するキャンプ住民だという。食べ物を手にできたのは、幸運なほんの一握りの人たちだけだ。

「私たちは、巨大な刑務所で暮らしているんだ」。ヤルムーク難民キャンプに暮らすシリア人活動家のラミ・サイード(Rami al-Sayed)さんは、インターネットを介したAFPの取材にこう訴えた。「ただ、刑務所ならば少なくとも食べ物にはありつける。ここ(ヤルムーク)には何もない。ゆっくりと死んでいくだけだ」

サイードさんによると、通りを歩いていると子どもたちに食べ物を恵んでくれと懇願されるという。「だが、分け与えてやる食料は私にもない」


■「亡霊のよう」、死なせてほしいとの声も

ヤルムークとその周辺にはかつて15万人が住んでいたが、数か月に及ぶ反体制派と政府軍との激しい戦闘で人口は4万人にまで減少した。このうち1万8000人がパレスチナ人だ。昨夏から続く政府軍の包囲で、キャンプ内の住民たちは非人道的な環境に置かれている。

25日にヤルムーク・キャンプを訪れた国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)のフィリッポ・グランディ(Filippo Grandi)事務局長は、目撃した生活環境に「ショックを受けた」と語り、食糧配給に押し寄せた人々の様子は「まるで亡霊のようだった」と述べた。

今のところサイードさんは、動物も食べないほど苦い薬草のスープで飢えをしのいでいるが、薬草を取りに行けば狙撃される危険があるという。キャンプでは医薬品も足りず、医師も看護師もいない中で負傷者が放置されているという。

「ここの人たちは完全に疲弊しきっている。ここから出してほしい、さもなければ死なせてほしいとまで言っている」とサイードさんは語った。

posted by world at 22:12| 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

シリア周辺の各国軍の配備状況【図解】


化学兵器使用疑惑により緊張が高まるシリア周辺地域での各国軍の配備状況を示した図。バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領は30日、米国がシリアのバッシャール・アサド(Bashar al-Assad)政権に対する限定的な武力行使を検討していることを明らかにした。

posted by world at 21:37| 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

マララさんの頭蓋骨修復手術成功


パキスタンでイスラム武装勢力に頭部を撃たれて重傷を負い英国の病院に入院していたマララ・ユスフザイ(Malala Yousafzai)さん(15)の頭蓋骨修復手術が成功した。マララさんの手術を担当したイングランド中部バーミンガム(Birmingham)のクイーン・エリザベス病院(Queen Elizabeth Hospital)の医師団が3日、明らかにした。

医師団によるとマララさんは2日、チタン製の板を頭部に埋め込む手術に加え、左耳の聴力を回復するための電子機器を埋め込む2つの手術を受けた。計5時間におよんだ手術はいずれも成功し、マララさんは順調に回復しているという。

パキスタンで女性が教育を受ける権利を訴えていたマララさんは昨年10月9日、スワト渓谷(Swat Valley)でバスで通学中、イスラム武装勢力「パキスタンのタリバン運動(Tehreek-e-Taliban Pakistan、TTP)」に至近距離から頭を撃たれて重傷を負い、左耳は全く聴こえなくなっていた。

医師団によれば、手術で内耳に埋め込んだ機器により、マララさんの聴力は1年半もすれば通常に近いレベルまで回復するという。
posted by world at 07:44| 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする