スポンサードリンク

2008年06月06日

IOC会長、聖火リレーを検討する意向示す


国際オリンピック委員会(International Olympic Committee、IOC)のジャック・ロゲ(Jacques Rogge)会長は6日、北京五輪の聖火リレーが各地で混乱を引き起こしたことを教訓に、今後の聖火リレーのあり方を検討する意向を示した。

ギリシャのアテネ(Athens)で3日間の日程で行われたIOC理事会終了後の記者会見で、ロゲ会長は「不幸なことながら聖火リレーは抗議団体に利用され、暴力的な場と化した。北京五輪の総括では聖火リレーの評価も行うことになるだろう」と語った。

一方で、「聖火リレー継続の是非ではなく、聖火リレー全般について客観的に検討するということだ。聖火が五輪の偉大な象徴であることに変わりはない」と強調した。


聖火リレーのあり方より、五輪開催国が民主的であるかどうかを検討すべきでは・・・。
posted by world at 22:38| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする