スポンサードリンク

2008年04月09日

チベット僧が政府批判、外国取材団が目撃 中国・甘粛省


中国・甘粛(Gansu)省夏河(Xiahe)にあるチベット(Tibet)仏教のラブラン寺(Labrang Monastery)で9日、取材中の外国人取材団の前で、約15人の僧侶が中国当局を批判する抗議活動を行った。目撃した取材団の1人が明らかにした。

目撃者によると、旗などを持った僧侶らは亡命中のチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama)14世への支持を訴えながら取材団に近づいたという。

中国の国営新華社(Xinhua)通信も、僧侶らが外国人取材団の取材活動を「妨害した」として、この事実を確認している。だが、詳細については明らかにしていない。

このインターネット時代、中国政府のまやかしは通用しない。

ラベル:チベット騒乱
posted by world at 19:16| 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする