スポンサードリンク

2016年12月03日

朴大統領弾劾案を提出=親友の国政介入、客船事故対応でも

【12月3日 時事通信社】韓国の朴槿恵大統領の親友、崔順実被告の国政介入事件をめぐり、野党3党と無所属の議員171人は3日未明、朴大統領の弾劾訴追案を国会に共同で提出した。8日に議長が本会議に報告し、9日に採決される。

弾劾案可決には在籍議員(定数300)の3分の2(200)以上の賛成が必要。弾劾案提出に加わらなかった議長を含め、野党・無所属合わせても172人で、与党セヌリ党の28人以上が賛成に回らなければ否決される。このため同党非主流派の対応が可否を左右し、9日の採決まで、ぎりぎりの駆け引きが展開される。


弾劾案は「朴大統領は、職務執行において、憲法や法律に広範囲かつ重大に違反した」と指摘。機密を含む政策・人事文書を崔被告に提供し、国政・人事に関与させ、憲法に規定された国民主権主義に違反したほか、公務員任免権を乱用するなどしたと主張した。

さらに、2014年4月16日に起きた客船「セウォル号」沈没事故への対応も弾劾理由として明記した。事故当日、国民の生命と安全を保護するための積極的措置を取らず、国民の生命権保障義務に違反したと批判している。(c)時事通信社

http://www.afpbb.com/articles/-/3110040
posted by world at 09:17| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする