スポンサードリンク

2016年11月27日

実は日本語を話せる朴槿恵大統領

朴槿恵大統領への辞任要求が日々高まる韓国だが、実は朴槿恵大統領の父親の朴正煕氏は日本陸軍に留学し、日本軍に自ら志願したほどの親日家。日本語を流暢に話すことができ、娘の朴大統領も日本語を話すことができるそう。

週刊ニューズウィーク日本版「特集:怒れる韓国」〈2016年11/29号〉 [雑誌]
週刊ニューズウィーク日本版「特集:怒れる韓国」2016年11/29号


朴槿恵の父親、朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領は実な親日家だった。朴正煕は1979年に暗殺され、その数年前には暗殺未遂の結果、妻の陸英修(ユク・ヨンス)が死亡。

娘の朴槿恵大統領自身はこんなこともあってか、誰も信用できなくなり未だに未婚のままで「私は国と結婚した」と発言するほどだ。

父親の朴正煕は日本では高木正雄と名乗っており、日本国籍を得て満州国から日本の陸軍士官学校に留学。陸軍士官学校卒業後から終戦までは満州国軍の中尉となっていた。日本軍にも自ら志願したほどである。

もちろん自身と妻の陸英修は日本語を流暢に話すことが出来る。またあまり知られていないが朴槿恵大統領も日本語を話すことが出来る。両親が日本語を話すことが出来ればごく当然のことだろう。


スポンサードリンク



posted by world at 20:02| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。