スポンサードリンク

2016年04月18日

大地震のエクアドル、刑務所から100人が脱走


マグニチュード(M)7.8の地震に見舞われた南米エクアドルの刑務所で、地震に乗じて約100人の受刑者が脱走していたことが分かった。レディ・スニガ法相がツイッター(Twitter)で明らかにした。

脱走劇があったのは同国西部の町ポルトビエホ。脱走者のうち、これまでに約30人は拘束され、数人は自ら刑務所に戻ったが、残りは現在も逃走を続けていて警察が行方を追っているという。

16日午後(日本時間17日午前)にエクアドルを襲った地震では少なくとも246人が死亡。ホルヘ・グラス副大統領によれば2500人が負傷し、17日もがれきの下敷きになった人々の救出活動が続けられている。

エクアドルは太平洋海盆の大半を取り巻く環太平洋火山帯上に位置するため、地震が頻繁に起きる。16日の地震は揺れがわずか1分ほどだったにもかかわらず、過去40年近くで最悪の被害をもたらしている。





posted by world at 21:53| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。