スポンサードリンク

2015年10月25日

ダム池底から16世紀の教会、干ばつで出現 メキシコ【画像】


厳しい干ばつに見舞われているメキシコ南東部チアパス州で、ダム貯水池の水位が低下し、49年前に水底に沈んだ16世紀の教会が姿を現した。水面に浮かんだような廃墟の幻想的な光景を間近で見ようと、ボートで訪れる観光客も多いという。

カトリック・ドミニコ会の修道士によって16世紀に建造された使徒サンティアゴ教会は、1966年にグリハルバ川に水力発電用ダムが建設された際に水没。教会のあった町ケチュラには先住民族ソケの人々1000〜2000人が住んでいたが、みな移住し、家屋もダムによってできたネサワルコヨトル貯水池の底に消えた。

教会は数週間前から水面に出現し、高さ約15メートルの礼拝堂の上から半分くらいまでが姿を見せている。屋根の失われた石壁の上では鳥たちが羽を休め、植物が生えつつある。

ただ、チアパス州では18日から大雨が降っており、貯水池の水位は再び上昇しているという。

src="http://rws.a8.net/rakuten/ranking.js">


posted by world at 22:47| ライフ・カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。