スポンサードリンク

2015年08月18日

バンコク爆発 防犯カメラが容疑者捉える


タイの軍政統治機関「国家平和秩序評議会」(NCPO)の議長を兼任するプラユット・チャンオーチャー暫定首相は18日、首都バンコクの繁華街で爆弾が爆発した事件現場の防犯カメラの映像に映っていた不審な男の行方を当局が追っていることを明らかにした。同事件では少なくとも20人が死亡し、123人が負傷した。

死者は前回の発表で21人とされていたが、警察は20 人に訂正した。

「今日、防犯カメラの映像に容疑者が映っていたことが分かった・・・この男を捜している」とプラユット首相は述べるとともに、バンコクに危険が迫っていることを爆発事件発生前に警告していたとみられるフェイスブックの書き込みは、タイ北東部を拠点とする反政府組織によるものという見方を示した。タイ北東部は軍のクーデターによって崩壊した前政権を支持する「赤シャツ隊」の地盤だ。

プラユット首相はさらに、タイ国民と観光客に人気のあるヒンドゥー教の神をまつった廟(びょう)に仕掛けられた爆弾は、タイ王国への「史上最悪の攻撃」だと報道陣に語った。






posted by world at 22:47| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。