スポンサードリンク

2014年07月18日

マレーシア機、宇親露派が軍用機と誤認して撃墜か ツイート削除


ウクライナ東部で17日にマレーシア航空機が墜落したと発表される前に、同国からの分離独立を求めている親露派がウクライナ軍の輸送機を撃墜したというコメントを交流サイト(SNS)に投稿したが、後になってそのほとんどを削除していたことが分かった。


親露派は17日午後、ウクライナ軍との戦闘が続く東部の工業地帯上空を飛行中のウクライナ軍機少なくとも1機を撃墜したとの最初の一報を投稿した。


一方的に独立を宣言している「ドネツク人民共和国」の自称防衛相イーゴリ・ストレルコフ氏は、ロシアの交流サイト最大手「フコンタクチェ」 の自身のページに、「たった今、トレーズ(ドネツク州の都市)近郊でアントノフ26(An-26)型機を撃墜した」と書き込んでいた。


ストレルコフ氏はさらに「これが『鳥が落ちた』ことを証明する動画だ」と書き込んだ。同氏のページには、マレーシア航空機についてウクライナのメディアが報道したものと完全に一致する情報へのリンクが掲載された。


この書き込みは直後に削除されたが、ウクライナ東部の同国軍司令部はこの投稿が表示されたディスプレーの画像を保存しており、英文の報道機関向け発表に添えて公開した。


ストレルコフ氏のものとされる書き込みでは、同機の撃墜に使用されたミサイルの詳細は明らかにされていない。しかしドネツク人民共和国は、その数時間前にマイクロブログのツイッターの公式アカウントから次のように投稿し、墜落したマレーシア航空機が飛行していた高度1万メートルまで到達可能なロシア製ミサイルを親露派が手に入れていたことを明らかにしていた。


「@dnrpress:DNRは(ウクライナの)地対空ミサイルA1402連隊から自走式ブーク(Buk)地対空ミサイルを奪った」。この投稿も後に削除された。


ロシアの国営メディアはこれらの書き込みについては言及しておらず、ウクライナ空軍がマレーシア航空機を撃墜したという親露派指導者の発言を伝えている。



■露工作員との通信で悪態


その後、ウクライナ政府を強く支持している野党系ニュースサイト「ウクライナ・プラウダ(ウクライナの真実)」は、撃墜後に親露派のメンバーとロシアの工作員が行った通信を傍受して録音したとされる音声を公開した。


その中でベース(悪霊)と名乗る親露派メンバーがロシア軍情報機関将校とされる人物に対し、「たった今、飛行機を撃ち落とした」と話していた。また別の録音では、戦闘員らしき人物が飛行機の残骸が残る墜落現場から、「100パーセント間違いなくこれは民間機だ」と報告している。


この戦闘員は、乗客がたくさん乗っていたかどうかと質問されると、ロシア語で悪態をついたという。


マレーシア航空370便〜隠蔽された真実とケッシュ財団の影
マレーシア航空370便〜隠蔽された真実とケッシュ財団の影

posted by world at 18:27| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする