スポンサードリンク

2014年04月19日

エベレストで雪崩、ガイドら12人死亡 イモトアヤコとなすびの無事は確認 エベレストで雪崩、ガイドら12人死亡 イモトアヤコとなすびの無事は確認


世界最高峰エベレスト(8848メートル)で18日早朝、雪崩があり、ネパール人登山ガイド少なくとも12人が死亡した。エベレストでこれまでに起きた事故で最も死者数の多い事故となった。

事故にあったのは、今月末からの本格的な登山シーズンを前に、準備のためにテントや食料、ロープなどを運んでいたシェルパ(ネパール人登山ガイド)の一行。

雪崩は18日午前6時45分(日本時間同日午前10時)ごろ、標高5800メートル付近、クンブ氷瀑(ひょうばく)へ向かうルート途中の「ポップコーン・フィールド」と呼ばれる場所で発生した。

ネパール観光省のディペンドラ・パウデル氏はカトマンズでAFPの取材に「12人の遺体を雪の中から収容した。雪の中に他に何人埋まっているか、分かっていない」と語った。捜索・救助活動には救助ヘリコプターが出動し、これまでに7人が雪の中から救助されたという。

ベースキャンプで救助活動に参加するヒマラヤ救助協会のラクパ・シェルパ氏はAFPの電話取材に、「11人の遺体がベースキャンプに運び込まれるのを確認した。あと3人の遺体が来ると言われている」と語り、死者数が14人に増える可能性を示した。

カトマンズを拠点とするヒマラヤ登山の専門家として著名なエリザベス・ホーリー氏は、今回の事故はエベレストで起きた登山中の事故としては最も死者数が多い事故だと語った。



折しもバラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の企画でエベレストに挑戦中のイモトアヤコの無事は確認された。

また、テレビ番組の企画ではなく、故郷である福島を応援することを目的とし、元F1ドライバーの片山右京らと共に登頂に挑戦していた「なすび」の無事も確認されている。



エベレスト、登れます。

posted by world at 22:14| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする