スポンサードリンク

2014年04月19日

息子を殺された母親、執行直前の死刑囚を免罪 イラン


イランで、殺人罪で死刑判決を受けた男が、絞首刑の執行直前に被害者の母親によってその罪を許された。この死刑囚については、免罪を被害者の遺族に求める運動が展開され、注目を集めていた。

「バラル(Balal)」の名でのみ知られる同死刑囚は15日、絞首台の周りに集まった大衆の目前で、刑執行の直前にその命を救われた。この劇的な展開は、イランのみならず世界中の人々を驚かせた。



遺族が許すかで刑の重さが変わるのって、ちょっと不思議な感じですね。

良い話しだなと思ったら結局金で動いたってことですか。

再犯したらどうするんでしょうね。

イランを知るための65章 エリア・スタディーズ
イランを知るための65章 エリア・スタディーズ
posted by world at 10:15| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする