スポンサードリンク

2014年03月01日

シリア・ヤルムーク難民キャンプ 4万人餓死の危機


シリア政府軍による包囲が続く首都ダマスカス(Damascus)近郊にあるヤルムーク(Yarmuk)パレスチナ人難民キャンプで、4万人余りが餓死の危機に瀕している。国連(UN)は今週、痩せ衰えた人々がキャンプ内の通りを見渡す限り埋め尽くす、衝撃的な写真を公開した。

やつれた顔で着の身着のままの姿で通りを埋める人々は、食糧配給に殺到するキャンプ住民だという。食べ物を手にできたのは、幸運なほんの一握りの人たちだけだ。

「私たちは、巨大な刑務所で暮らしているんだ」。ヤルムーク難民キャンプに暮らすシリア人活動家のラミ・サイード(Rami al-Sayed)さんは、インターネットを介したAFPの取材にこう訴えた。「ただ、刑務所ならば少なくとも食べ物にはありつける。ここ(ヤルムーク)には何もない。ゆっくりと死んでいくだけだ」

サイードさんによると、通りを歩いていると子どもたちに食べ物を恵んでくれと懇願されるという。「だが、分け与えてやる食料は私にもない」


■「亡霊のよう」、死なせてほしいとの声も

ヤルムークとその周辺にはかつて15万人が住んでいたが、数か月に及ぶ反体制派と政府軍との激しい戦闘で人口は4万人にまで減少した。このうち1万8000人がパレスチナ人だ。昨夏から続く政府軍の包囲で、キャンプ内の住民たちは非人道的な環境に置かれている。

25日にヤルムーク・キャンプを訪れた国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)のフィリッポ・グランディ(Filippo Grandi)事務局長は、目撃した生活環境に「ショックを受けた」と語り、食糧配給に押し寄せた人々の様子は「まるで亡霊のようだった」と述べた。

今のところサイードさんは、動物も食べないほど苦い薬草のスープで飢えをしのいでいるが、薬草を取りに行けば狙撃される危険があるという。キャンプでは医薬品も足りず、医師も看護師もいない中で負傷者が放置されているという。

「ここの人たちは完全に疲弊しきっている。ここから出してほしい、さもなければ死なせてほしいとまで言っている」とサイードさんは語った。



posted by world at 22:12| 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。