スポンサードリンク

2014年02月18日

バリで行方不明の日本人ダイバー5人を救助【画像】



インドネシア・バリ島の沖合で先週、スキューバダイビング中に行方不明になっていた日本人女性7人のうち5人が17日、海上でサンゴ礁につかまっているところを発見され、無事救助された。現地警察が発表した。

5人はダイビングに出発した場所から約20キロの地点にある巨大なサンゴ礁の上で見つかった。発見した漁師たちは高潮のため救助できなかったが、後に1人を救出したヘリコプターが残る4人に食糧を投下した。この4人は救助船に助けられ、バリ島南部のセマワンビーチに向かった。

バリ島防災当局によれば、発見された現場はバリ島の東に位置するペニダ島西岸冲のダイビングスポット、マンタポイント付近だったという。

ダイバーたちは14日に隣のレンボンガン島のマングローブ地帯からダイビングに出掛けた。

周辺地域では、観光で訪れていた5人とインストラクター2人の合わせて7人が行方不明になって以降、3日間以上におよび、およそ100人が捜索に当たっていたが、17日朝の豪雨と強風で活動が阻まれていた。残る2人の消息について当局からの発表はない。



posted by world at 21:21| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする