スポンサードリンク

2013年03月13日

「コンクラーベ」のバチカンでトップレス抗議


新たなローマ法王を決める「コンクラーベ」が行われているバチカンのサンピエトロ広場(St Peter's Square)で12日、ウクライナの女性権利団体「FEMEN」のメンバー2人がトップレスで抗議行動を行った。

女性の1人は、トップレスの胸に「ノーモア小児性愛」とペイントし、複数の警官に引きずられながら「ノーモア法王」と叫んでいた。もう一方の女性は胸に「ノーモア戦争」とペイントしていた。

また2人は、新法王が選出された際にシスティーナ礼拝堂(Sistine Chapel)から上がる白い煙のパロディーとして、ピンクの発煙筒を点火していた。

2人は付近の警察署に連行された。
posted by world at 19:19| ライフ・カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする