スポンサードリンク

2012年02月27日

身長54.6センチのネパール人男性、ギネス世界記録に認定


ネパール南西部の山村に住むチャンドラ・バハドゥール・ダンギ(Chandra Bahadur Dangi)さん(72)が26日、ギネス世界記録(Guinness World Records)の審査員の立会いのもと身長測定を受け、「世界一身長の低い男性」に認定された。

ダンギさんは身長54.6センチメートルで、これまでの記録保持者だったフィリピンのジュンレイ・バラウィン(Junrey Balawing)さんより5.3センチ低かった。また、1997年に死亡した、記録史上最も身長の低かったインドのグル・ムハンマド(Gul Mohammed)さんの57センチの記録も更新した。

ネパールの首都カトマンズ(Kathmandu)で行われた測定後、ギネス世界記録編集長のクレイグ・グレンディ(Craig Glenday)氏は「(世界一身長の低い男性の)記録が繰り返し打ち破られていることに驚かされ続けている」との声明を発表した。

ダンギさんは以前、AFPの取材に対し、人生の晩年になって世界記録が認定されれば、長年耐えてきた辛い日々も報われると語っていた。ダンギさんは12歳で孤児となり、親戚に金のために見せ物ショーに出され、一度も恋愛をしたことがなかったという。

ギネス世界記録は同日、声明を発表し、「現在まで、チャンドラさんの身長は本人にとって負担だった。チャンドラさんは平均的な身長の世界になじむことができないことを自覚し、妻を探しだす機会を逃したことも残念に思っている。だが彼は、この新記録で彼の運命が変わることになると期待している」と述べた。

ダンギさんはカトマンズから350キロ離れた貧しいダン(Dang)群の村で麻のヘッドバンドを作り、わずかな収入を得て暮らしてきた。村の外に出たことは数えるほどしかない。

ギネス世界記録によるとダンギさんは身長測定に訪れたカトマンズで、結婚にはもう遅いけれど旅行をしたいと語ったという。そして、「外国を訪れ、世界中の人びとと会いたい」というのが彼の願いだ。
posted by world at 08:44| ライフ・カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする