スポンサードリンク

2011年05月26日

女性従業員シャツからストロスカーン被告のDNA、米メディア


国際通貨基金(IMF)の前専務理事、ドミニク・ストロスカーン(Dominique Strauss-Kahn)被告(62)がホテルの女性従業員(32)に対する性的暴行と強姦未遂などの罪で起訴された事件で、この従業員のシャツから被告のDNAが検出されたと、米メディアが23日報じた。

NBCテレビとABCテレビは、被告が宿泊したスイートルームで、その他の証拠についてもDNA鑑定が行われている最中だと報じている。なお、被告はすべての罪状を否認している。

20日に保釈された被告は現在、ニューヨーク(New York)ブロードウェイ(Broadway)のエンパイアビル(Empire Building)にひっそりと暮らしている。もともとは、フランス人テレビジャーナリストのアン・シンクレア(Anne Sinclair)夫人がアッパーイーストサイド(Upper East Side)に借りた家賃1万5000ドル(約120万円)の高級アパートに滞在する予定だったが、住人たちの苦情を受け断念。ただしエンパイアビルでも住人たちが苦情を申し立てており、管理会社が住人たちに謝罪するとともに、この新しい住人は「今週早々に」出て行くだろうと説明している。


単なる変態親父なのか、女性に囁かれているうちに生来の女癖の悪さが頭をもたげたのか・・・。
真実解明にはもう少し時間がかかりそうですね。
posted by world at 10:35| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする