スポンサードリンク

2011年04月12日

福島第1原発事故、深刻度最悪の「レベル7」に


政府は12日、福島第1原子力発電所の事故について、原発事故の深刻度を示す「国際評価尺度(INES)」を現在の「レベル5」から最も深刻な「レベル7」に引き上げることを決めた。NHKなどが伝えた。

レベル7は1986年のチェルノブイリ(Chernobyl)原発事故に並ぶ。

共同通信(Kyodo News)によると、原子力安全委員会は11日、原発からは最大で1時間当たり1万テラベクレルの放射性物質が放出されていたとの試算を明らかにしている。

INESの評価では、放射性のヨウ素131換算で外部への放射性物質の放出量が数万テラベクレル以上である場合は、レベル7としている。



きょう4月12日、福島第一原発事故が国際原子力事故評価尺度(INES)で

最も深刻なレベル7になった。

1986年、チェルノブイリ原発事故と同レベル。

25年経ったいまでも低レベルとはいえ、

チェルノブイリは放射能を出し続けている。

福島はどうなるのだろう。

yahooニュースはこちらから。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110412-00000063-jij-int
posted by world at 16:12| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする