スポンサードリンク

2011年01月18日

スイス元銀行家が脱税情報を提供


内部告発ウェブサイト「ウィキリークス(WikiLeaks)」の創設者、ジュリアン・アサンジ(Julian Assange)容疑者は17日、ロンドン(London)で、スイスの元銀行家ルドルフ・エルマー(Rudolf Elmer)氏と共同会見し、脱税目的の可能性のある銀行口座2000件のデータを記録したCD2枚を同氏から受け取った。この内容をウィキリークスで必ず公開するとしている。

エルマー氏は、会見場でCD2枚をアサンジ氏に直接手渡したあと、オフショア口座に隠し持たれている大金、それを世間の目から隠し通すシステムについて、真実を世界に知ってもらいたいと述べた。

エルマー氏は会見ではCDに記録されている口座の件数や名義などは明らかにしなかったが、16日の英紙オブザーバー(The Observer)に、口座の数は2000件と語っている。また、米国、欧州、アジアなどの政治家や多国籍企業、金融機関などの口座40件分に関する脱税情報も含まれるという。

エルマー氏は、租税回避地(タックスヘイブン)として有名なカリブ海のケイマン諸島で8年間勤務した経験を持つ。

アサンジ氏は、数週間かけて内容を確認したのち、提供されたデータを「すべて」ウィキリークスのウェブサイト上で公開すると約束した。


このスイスの元銀行家。
決して単純な正義感だけでリークしたものではないでしょうね。
そこに何らかのメリットがあるから、告発したのでは。
この先、内部告発サイトは新しいビジネススタイルとして確立するかもしれませんね。

yahooニュースはこちらから
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110118-00000009-jij-int
posted by world at 13:35| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする