スポンサードリンク

2010年02月11日

欧州諸国、ギリシャ支援へ EU議長国首相が表明


ユーロ圏全体を揺るがしかねないギリシャの財政悪化問題をめぐり、欧州連合(EU)議長国スペインのホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ(Jose Luis Rodriguez Zapatero)首相は10日、欧州各国がギリシャを支援する方針を発表した。

同首相はベルギー・ブリュッセル(Brussels)で臨時首脳会議が開催される前日の10日、「われわれがギリシャを支援しなければならないことは明らかだ。欧州が、ユーログループが行う」と語った。

10日に行われたユーログループの電話会議に出席したある閣僚は「いくつかの国がギリシャへの支援を表明するだろう」と述べたが、どの国がどのような支援をするかは明らかにしなかった。

ユーログループはユーロ圏16か国の財務閣僚による会議。特にスペインやポルトガルなどは、ギリシャの財政悪化問題が自国の財政問題に影響をおよぼすことを懸念している。


財政悪化でデモやスト多発するギリシャ。
欧州各国がギリシャを支援する方針を示したそうですが、
他の国も財政懸念財政懸念があることから自国への影響を最小限にしたいためにリップサービスを行ったともとれます。
スペイン、イタリア、ポルトガル、アイルランドこれらの国もやばいといわれています。
この先、ギリシャはどうなるのか・・・。
まだまだ事態は流動的。予断は許されません。
posted by world at 11:17| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする