スポンサードリンク

2010年01月26日

パラグアイ代表カバニャス 頭部を撃たれ重体


サッカー、メキシコ・プリメーラディビションのクラブ・アメリカ(Club America)に所属するパラグアイ代表のフォワード(FW)サルバドール・カバニャス(Salvador Cabanas)が25日、メキシコ市(Mexico City)のバーで頭部を撃たれ、重体であることが分かった。

カバニャスは前頭部を打たれて病院に搬送されたが、重体という。

2003年からメキシコリーグでプレーを続けているカバニャスには、イングランド・プレミアリーグのサンダーランド(Sunderland A.F.C.)が獲得に興味を示していた。

カバニャスは、メキシコリーグで218試合に出場し通算125得点を記録、同リーグやチリリーグで得点王に輝いている。

パラグアイは2010年サッカーW杯南アフリカ大会(2010 World Cup)の1次リーグでイタリア、ニュージーランド、スロバキアと対戦する。


最近、サッカー選手が事件に巻き込まれるケースが多いですね。

ワールドカップが近いというのに、どういう経緯で撃たれたのでしょうか? サッカー絡みのトラブルですかね。
posted by world at 22:47| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする