スポンサードリンク

2009年12月23日

マイケルやウッズ、2009年世界をくぎ付けにした人物たち


2009年、それは現実がフィクションを追い越した年だった。故マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)が謎の死を遂げ、英国のさえない女性が突如、世界の音楽シーンに登場し、タイガー・ウッズ(Tiger Woods)が放っていた完ぺきなオーラが一連のスキャンダルで粉々に砕けた。

■キング・オブ・ポップの死

今年最も世界の関心を集めたのが、才能溢れる歌手の突然の死とその奇妙で苦しい人生だった。

神童のごとく出現し、1980年代には並ぶ者のいない「キング・オブ・ポップ」と称されたマイケルは、その才能を失うことなく英ロンドン(London)での復活コンサートに向けて準備中だった6月25日、米ロサンゼルス(Los Angeles)の自宅で50歳の若さで急死した。

プロポフォールを含む鎮静剤の投与が致死量に達したことが死因とされ、その死は殺人と判断された。起訴はされていないものの、マイケルを担当していたコンラッド・マーレー(Conrad Murray)医師が容疑者とされている。

マイケルの埋葬、遺児たちの親権問題、遺産の分配などに紆余曲折はあったものの、死亡から約2か月後、その大ヒット曲の如く世界に「スリル」を与えてきた音楽界のレジェンドは有名人が数多く眠るハリウッド(Hollywood)の墓地に埋葬された。

その死がきっかけとなり、一時は膨大な負債が報じられた遺産も急増した。復活コンサートのリハーサル映像を収めたドキュメンタリー『マイケル・ジャクソン THIS IS IT(This Is It)』が2週間の公開で2億ドル(約180億円)の興行収入を記録、トレードマークだった手袋はマカオ(Macao)のカジノに4万9000ドル(約450万円)で落札された。

■生涯を閉じたその他の著名人たち

マイケルの死が今年最も騒がれた死亡記事だったが、今年その生涯を終えた著名人はほかにもいる。

マイケルが死亡するわずか数時間前、人気テレビシリーズ『チャーリーズ・エンジェル(Charlie's Angels)』などで活躍した米女優ファラ・フォーセット(Farrah Fawcett)が、がんのため死去した。

8月には、エミリオ・エステヴェス(Emilio Estevez)、マシュー・ブロデリック(Matthew Broderick)、モリー・リングウォルド(Molly Ringwald)らを世界に送り出した映画監督・脚本家のジョン・ヒューズ(John Hughes)が心臓発作でこの世を去った。ヒューズが脚本を手がけた「ホーム・アローン(Home Alone)」シリーズは、マコーレー・カルキン(Macauley Culkin)の主演で大ヒットした。

9月には、20か月間にわたる闘病の末、『ダーティ・ダンシング(Dirty Dancing)』や『ゴースト/ニューヨークの幻(Ghost)』で有名な米俳優パトリック・スウェイジ(Patrick Swayze)が永眠した。

同月、こちらは死亡ではないが、映画監督のロマン・ポランスキー(Roman Polanski)氏(76)は、米国で起こした約30年前の淫行事件に絡み、スイスで身柄を拘束された。

■スターダムを駆け上がったスーザン・ボイル

今年が幸運な一年だった人もいる。英国のスーザン・ボイル(Susan Boyle)にとっては、まさに信じられないほどラッキーな年だった。地味で無職で独身、スコットランド出身の48歳の女性が英国のオーディション番組で歌った「夢破れて(I Dreamed A Dream)」が世界で大きなセンセーションを巻き起こしたのだ。

この時の映像がインターネット上に流れ、3億人以上が視聴した。

デビューアルバム「I Dreamed a Dream」は英米のチャートで1位を獲得。リリース1週目の売り上げは78万4000枚で、米調査会社ニールセン・サウンドスキャン(Nielsen SoundScan)によると2008年にAC/DCが発表した「悪魔の氷(Black Ice)」以来の好記録だという。

リリース前の米インターネット通販大手アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)の先行予約でも記録を塗り替えた。

■今年最後のビッグニュース

今年の大きな芸能ニュースはもう起こらないかと思えた11月27日、米プロゴルフ選手タイガー・ウッズ(Tiger Woods)がフロリダ(Florida)州の自宅前で交通事故を起こし病院に運ばれたというニュースに世界はハッと息をのんだ。

世界一のゴルファーの誰も知ることのなかったスキャンダルが、そこから次々と発覚。10人もの女性との不倫騒動に発展した。

長女のサム・アレクシス(Sam Alexis)ちゃん(2)と今年生まれたばかりの長男チャーリー・アクセル(Charlie Axel)ちゃんをともに育てている、スウェーデン人の妻エリン・ノルデグレン(Elin Nordegren)さんの誠実な夫としての完ぺきなイメージがもろくも崩れ去った。

数々の暴露を受け、ウッズは自身のウェブサイトに不倫を認め謝罪するコメントを掲載し、無期限でプロゴルフ活動を休止すると発表した。

しかし、うわさは今もくすぶり、事故の状況にまつわる謎が解明されておらず、メディアの熱が冷める様子はほとんどない。インターネットでも今一番ホットな話題であることに変わりはない。


ウッズスキャンダルは年が明けても尾を引きそうです。
いろんな事があった2009年も、もうすぐ終わり。
ラベル:マイケル ウッズ
posted by world at 12:21| エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする