スポンサードリンク

2009年12月15日

米シティグループ、米政府へ公的資金200億ドル返済へ


金融危機で公的資金の注入を受けた米金融大手シティグループ(Citigroup)は14日、米政府に200億ドル(約1兆7700億円)を返済する意向を明らかにするとともに、政府による大型救済からの脱却を目指す計画の概要を発表した。

シティは、証券発行により205億ドル(約1兆8000億円)を調達し、政府が保有する株式を買い取る形で返済する。また、計画では、米財務省に対し、シティの普通株50億ドル(約4400億円)の売却のほか、残りの政府保有株式についても今後6〜12か月をかけて順次売却していくことも求めている。

米政府は総額450億ドル(約3兆9900億円)をシティに注入しているが、今年初めに一部を株式に転換し、シティ株の約34%を保有している。

一方、米銀行大手ウェルズ・ファーゴ(Wells Fargo)は同日、政府から受けた250億ドル(約2兆2200億円)の公的資金全額を返済すると発表した。これにより、公的資金の注入を受けたすべての米金融機関が、公的資金を返済したか、返済を行っていることになる。


経済好転へ。アメリカのみならず、世界へ大きな影響を与えるニュースです。
posted by world at 18:54| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする