スポンサードリンク

2009年10月06日

世界の失業率、「1年は上昇続く」 IMF専務理事


国際通貨基金(International Monetary Fund、IMF)のドミニク・ストロスカーン(Dominique Strauss-Kahn)専務理事は5日、経済回復が根づくまで世界の失業率は少なくとも8か月から1年間は上昇を続けるとの見方を示した。トルコのイスタンブール(Istanbul)で6日に開幕する世界銀行(World Bank)・IMF年次総会全体会合を前に、同地で行った記者会見で語った。

ストロスカーン専務理事は、失業率が最悪となるのは8か月から12か月後との見通しを述べ、失業は経済回復の歩みを遅らせる要因だが、世界は大恐慌以来となる経済危機にあり、急速な失業率の改善は見込めないとの懸念を示した。

また、景気後退は、先進国では消費関連指数や失業率における2〜3%程度の変化にすぎないが、発展途上国では生死や飢えに関わる問題だと指摘した。

さらに、ストロスカーン専務理事は、5日に186の国と地域が参加して開かれたIMFと世界銀行の合同開発委員会で、失業問題が最重要議題として取り上げられたと明かした。同委員会で、ストロスカーン氏は、発展途上国の失業対策を強化するため、世銀の資本増強に向けた支援を加盟国に要請したという。

同委員会での決定事項は、世界銀行の政策に大きく影響する。


景気回復にはまだまだ時間がかかりそうです。
民主党新政府は更なる景気刺激策を打ち出すのか。
posted by world at 11:38| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする