スポンサードリンク

2009年10月01日

日本経済「緩やかに回復」、景気刺激策維持を提言 OECD


経済協力開発機構(Organisation for Economic Cooperation and Development、OECD)は30日、日本経済の現状や提言をまとめた2009年版対日審査報告書を公表した。日本経済について、緩やかに回復しつつあるとし、その傾向を維持するため景気刺激策を維持するよう提言した。

日本銀行(Bank of Japan)は政策金利をゼロ近辺に維持する必要があり、政府は財政の再建に向け、景気対策を最優先政策とすべきと提言した。

国内総生産(GDP)成長率の見通しについては、09年はマイナス6.0%と予想。過去10年で最悪の景気後退から「緩やかに回復しつつある」とし、09年下期はプラス成長、10年もプラス0.9%が見込まれるとの見方を示した。


景気回復の実感はまだまだない。
posted by world at 11:06| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする