スポンサードリンク

2009年09月30日

オバマ米大統領、地震被害の米領サモアに「大規模災害宣言」を発令


バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領は29日、同日発生した地震による津波で大きな被害が出ている米領サモアに「大規模災害宣言」を発令した。

米ホワイトハウス(White House)が発表した声明によると、オバマ大統領は「大規模災害宣言」発令後、米領サモア支援と復興のために連邦政府による援助を命じたという。

米連邦緊急事態管理庁(Federal Emergency Management Agency、FEMA)は現地に救助隊2チームを送ったが、いつ現地に到着するかは不明。

米領サモアに職員を駐在させている米国立公園局(US National Park Service)は、米領サモア・トゥトゥイラ(Tutuila)島の中心都市パゴパゴ(Pago Pago)にある同局支部が倒壊したようだと発表した。

同局報道官はパゴパゴ駐在職員から電話で受けた情報として、同地にあるビジターセンターを5回の津波が襲い、職員は全員無事とみられるが、建物が倒壊したようだと語った。9メートルを超える津波もあったという。

サモアの首都アピア(Apia)の当局者は、この地震と津波による死亡者は少なくとも36人になり、犠牲者は大幅に増えるだろうと語った。


津波注意報を受け、日本でも太平洋側各地で避難勧告、注意呼び掛け。
posted by world at 14:36| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする