スポンサードリンク

2009年09月13日

日航、2500億円調達へ 米AMRからも交渉持ち掛け


経営再建中の日本航空(日航、JAL)が、約2500億円の資金調達を2010年3月期に検討していると、13日の日本経済新聞(Nikkei)が報じた。

1000億円超を増資で調達するほか、500〜600億円を子会社株の売却や、その他の資産売却で調達する。

先に米デルタ航空がJALに500億円程度の出資を申し入れ、交渉中だと報道されていたが、13日の時事通信(Jiji Press)は、米アメリカン航空(American Airlines、AA)の親会社AMRも、日航への出資や合弁会社を持ち掛けていると伝えた。

時事によると、デルタとの交渉が不調に終わった場合、日航側はAMRとの交渉に転じる可能性も出てきた。日航とアメリカンは同じ国際航空連合の「ワンワールド(oneworld)」に属している。


昨日の報道ではデルタでほぼ決まりのような印象でしたが、そうでもなさそうですね。AMRとの交渉に転じる可能性もあるそうで、まだまだ事態は流動的。推移を見守ることにしましょう。
ラベル:日航 米AMR
posted by world at 23:26| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする