スポンサードリンク

2009年09月08日

世界経済の成長率、2010年は1.6%以下 UNCTAD


国連貿易開発会議(UN Conference on Trade and Development、UNCTAD)のスパチャイ・パニチャパック(Supachai Panitchpakdi)事務局長は7日、現在の金融市場の回復は「真の回復」ではなく、2010年の世界経済の成長率は1.6%を超える可能性は低いとする見解を示した。

UNCTADはまた、同日公表した最新の貿易開発報告の中で、2009年の世界経済の成長率について、前年9月に発表した2.9%から下方修正し、マイナス2.7%とした。先進諸国全体ではマイナス4.1%、そのうち日本は最も深刻なマイナス6.5%となった。


再びデフレスパイラルに陥りかけている日本。
妥当な見方ではないでしょうか・・・。
posted by world at 22:02| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする