スポンサードリンク

2009年08月09日

GM副会長、「米消費者は燃費の悪い自動車を求めている」


米自動車大手ゼネラル・モーターズ(General Motors、GM)のボブ・ルッツ(Bob Lutz)副会長は、6日付のスイスのターゲス・アンツァイガー(Tages-Anzeiger)紙で、米国消費者は依然として「燃費の悪い」大型自動車を購買する意欲が高いと述べ、GMはその需要に応えなければならないと語った。

ルッツ氏は、大型ピックアップトラックとスポーツタイプ多目的車(SUV)の在庫がほぼ無くなったため、GMは6日までに米国での増産を決定したと述べた。

ルッツ氏は、「米国民が大型の高燃費車を購入していることは今もなお事実である」と述べ、「米国人がこぞって低燃費車に殺到すると考えるのは完全に間違っている」と語った。

また、ルッツ氏は、「『グリーンカー』に向けた大衆運動は、メディアの中でしか起きていない」と指摘し、ハイブリッド車は、トヨタ自動車(Toyota Motor)のものを除けばそれほど売れているわけではなく市場シェアも小さいと述べた。

スイス生まれのルッツ氏は、「米政府はジレンマに陥っている。ガソリン価格を欧州並みにしたいため、低燃費車を増やそうと考えている一方で、経済が非常に危ういので、再びガソリン価格が短期間で高騰すれば壊滅的な打撃を受けることになると考えている」と述べた。


我田引水という他ない。
posted by world at 17:57| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする