スポンサードリンク

2009年08月01日

ジンバブエ首相夫人死亡事故、トラック運転手に罰金2万円


ジンバブエのモーガン・ツァンギライ(Morgan Tsvangirai)首相が乗った車にトラックが衝突し、首相が負傷、同乗していたスーザン(Susan Tsvangirai)夫人が死亡した事故で、同国Chivhuの裁判所は、不注意な運転をしていたトラック運転手に200ドル(約1万9000円)の罰金を言い渡した。政府系日刊紙ヘラルド(Herald)が1日伝えた。

Tapera Bvudzijena判事は、判決で「重大な過失などの違反で有罪の場合、法律では禁固刑を定めているものの、そうでない場合は罰金刑か社会奉仕活動を言い渡している。本件では、被告を禁固刑にすることはできない。被告の月収が200-300英ポンド(約3万2000-4万7000円)であることから、200米ドルの罰金刑が妥当」と述べた。

判事は、運転手に過失責任があるものの、路面状況も悪く運転手に全面的に責任があるとは言えないとした。

ジンバブエの道路の多くは長年にわたって放置された結果、大きな穴があるなど荒廃した状態となっている。被告は事故当時、米国際開発局(U.S. Agency for International Development、USAID)との契約で医療品を運んでいた。


路面状況が悪く運転手に全面的に責任があるとは言えない、とのことだが・・・。
この事故自体にどこか釈然としない部分がある。
posted by world at 22:24| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする