スポンサードリンク

2009年07月09日

サイバー攻撃は「北朝鮮が関与」、韓国国家情報院


韓国政府や米国政府などのウェブサイトが大規模なサイバー攻撃を受けた問題で、韓国の情報機関、国家情報院(National Intelligence Service、NIS)は、攻撃の背後に北朝鮮か北朝鮮に従う勢力がいると推定していると一部国会議員に説明した。韓国の聯合(Yonhap)ニュースが8日伝えた。

政府系サイトを含む韓国や米国の25のウェブサイトは7日夜、サイバー攻撃を受け、韓国のサイトでは4時間近くにわたり接続障害が発生した。

NISは声明を発表し、「個人による単純な攻撃ではない。特定の組織または国家が念入りに準備し、実行したものとみられる」と述べた。

聯合ニュースによると、捜査を開始したNISが、国会情報委員会の所属議員らに対し、攻撃の背後に北朝鮮か北朝鮮に従う勢力がいると推定していると説明したという。

NISは声明で、韓国内で1万2000台、国外で8000台のパソコンを乗っ取り、攻撃に使用した犯人を捜し出すため、米当局と協力していると述べた。


日本は大丈夫なんでしょうか・・・。
posted by world at 08:14| 環境・サイエンス・IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする