スポンサードリンク

2009年07月06日

新疆ウイグル自治区で暴動、3人死亡


中国・新疆ウイグル自治区ウルムチ(Urumqi)で5日午後、暴徒が警察と衝突し、3人が死亡、20人以上が負傷した。活動家グループと目撃者によればイスラム教徒のウイグル人数千人が衝突に加わったという。

国営新華社(Xinhua)通信によれば死者は漢民族だったという。また暴徒が市内中心部数か所に違法に集結し、暴力をふるったり、略奪や放火をしたという地元当局者の話も伝えた。

同自治区で暴動が起きたのはほぼ1年ぶり。同自治区に暮らす約800万人のウイグル人の多くが、漢民族により宗教的、政治的に抑圧されていると訴えている。

新華社は6日、同自治区政府が今回の暴動の背景には米国亡命中のラビア・カーディル(Rebiya Kadeer)氏が率いる世界ウイグル会議(World Uighur Congress)がいると述べたと伝えた。自治区政府は暴動の規模や拘束した人数などは明らかにしていない。


出口が見えない人種紛争。
経済発展を標榜する中国の裏側・・・。
posted by world at 10:14| 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする