スポンサードリンク

2009年05月09日

ロシアのプーチン首相、まさかの優しい歌声で女生徒に助け船


学校にやってきた偉い人の前で歌を歌わされたが、緊張のあまり歌えなくなってしまった――という小学生にとって最悪の悪夢が、モスクワ(Moscow)で現実のものになってしまった。

欧米諸国に強硬な外交姿勢で臨み、ロシア国内ですっかり強面のイメージが定着したウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)首相はロシアの第二次大戦戦勝記念日を翌日に控えた8日、モスクワにある軍関係者の子女ための女子寄宿学校を訪問した。

同校の生徒、カーチャ・カザコワ(Katya Kazakova)さんがプーチン首相の前で、第二次世界大戦中の旧ソビエト連邦で歌われた「壕舎にて」という歌を歌ったが、音程が伴奏から完全に外れてしまった。その瞬間すべてが台無しになったように思えたという。

ところがそのとき、プーチン首相が強面のイメージを捨てカーチャさんと一緒に歌い始め、彼女を窮地から救い出した。ロシアのテレビ局NTVは驚くほど優しく美しい声で歌うプーチン首相の姿を放送した。

プーチン首相は、大統領時代に上半身裸でライフルを構える写真が公開されたり、極東地方で森林保護区を視察中にトラを麻酔銃で仕留めたことが伝えられるなど、これまでにもいくつかの秘められた才能が明らかにされている。


あの手この手のイメージアップ作戦。


posted by world at 21:32| ライフ・カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。