スポンサードリンク

2009年05月09日

4月の米失業率は8.9%、雇用者数減少幅は縮小


米労働省が8日発表した4月の雇用統計によると、非農業部門の雇用者数は53万9000人減少し、失業率は8.9%と1983年9月以来の高水準に達した。

一方、雇用者数の減少幅は大幅に縮小し、市場予測の60万人を下回った。経済の低迷は続くものの安定化しており、深刻な景気後退緩和の兆しともみられる。

米国の2009年第1四半期国内総生産(GDP)は前期比マイナス6.1%と大幅に落ち込んだ一方、経済成長の原動力となる個人消費には回復の兆しも見られるが、ムーディーズ・エコノミー・コム(Moody's Economy.com)のアーロン・スミス(Aaron Smith )氏は、経済回復には雇用状況の一層の改善が必要だと指摘した。

といっても底打ち感までは・・・。


posted by world at 21:27| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。