スポンサードリンク

2009年04月29日

豚インフルエンザ「空港での検疫、効果なし」、WHOが指摘


豚インフルエンザ感染の拡大に伴い、各国が空港での検疫を強化する中、世界保健機関(World Health Organisation、WHO)は28日、感染した搭乗客を洗い出そうとしても、空港での検疫に効果はないと指摘した。

WHOのグレゴリー・ハートル(Gregory Hartl)広報担当は「もしも感染していたり、感染源に接触したとしても、空港にいる時点で症状は現れていないだろう。空港での検査、検疫は役に立たない。搭乗客の体温監視も、潜伏期の患者を見つけ出すことはできない」と、報道陣を前に述べた。


症状があらわれてからでないと、感染者の洗い出しは難しい、ということですね。
posted by world at 08:58| ライフ・カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする