スポンサードリンク

2009年04月06日

イタリア中部で強い地震、建物倒壊 死者増加の恐れ


イタリア中部アブルツォ(Abruzzo)州で6日午前3時30分(日本時間同10時30分)、強い地震が発生した。

イタリア当局によると、震源は州都ラキラ(L'Aquila)の地下約5キロの地点で、地震の規模を示すマグニチュードは5.8。地震の揺れはローマ(Rome)でも体感された。

同国の衛星ニュース放送局Sky T24によると、少なくとも17人が死亡、うち5人は3歳の幼児を含む子どもだという。一方、伊ANSA通信は警察発表として、30人が行方不明と伝えた。

地元当局によれば、San Demetrio dei Vestiniで8人が行方不明になっているほか、ラキラの旧市街で多数の住宅や学生寮が倒壊・損壊し、中に人が閉じこめられている。また、ラキラと首都ローマを結ぶ高速道路は通行止めになった。また1万5000人が停電の被害に遭っている。

現場に急行したイタリア内閣府市民防衛部のGuido Bertolaso部長は「犠牲者も負傷者も多数。多くの家が倒壊している」と語った。今後、がれきの下敷きとなっている人たちの救出作業が進むにつれ、発見される死者数は増えると予想される。

イタリアでは前日5日夜にも、北部エミリア・ロマーニャ(Emilia-Romagna)州でM4.6の地震が起きたばかり。前日の地震では被害は出ていない。


被害甚大。阪神大震災が思い起こされました。
http://www.youtube.com/watch?v=YmreDaTVDcg
posted by world at 17:03| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする