スポンサードリンク

2009年03月10日

週明けNY市場、12年ぶりの安値 金融不安うけ



金融不安定性と景気循環


週明け9日の米ニューヨーク(New York)株式市場は、景気悪化への懸念やさらなる金融不安を反映し、約12年ぶりの安値で引けた。

ダウ工業株30種平均(Dow Jones Industrial Average)は、前週末終値比79.89ドル(1.21%)安の6547.05ドル、ハイテク株中心のナスダック(Nasdaq)総合指数は同25.21ポイント(1.95%)安の1268.64、幅広い銘柄で構成するスタンダード&プアーズ(S&P)500種株価指数は、同6.85ポイント(1.00%)安の676.53で取引を終えた。


まさに底なし沼の様相・・・。
posted by world at 10:33| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする