スポンサードリンク

2009年01月14日

現金・ビール・肉と引き換えに娘を売ろうとした男を逮捕、米国


米カリフォルニア(California)州で、14歳の娘を、現金1万6000ドル(約143万円)のほか、ビール100ケースと肉数箱で売る手筈を整えていた男が逮捕された。地元警察が13日、発表した。

サンフランシスコ(San Francisco)南東225キロの農村地域、グリーンフィールド(Greenfield)の警察当局によると、このヒスパニック系の男(36)は、娘を18歳の男に売る契約を結んだ。男は娘と結婚することになっていたという。

娘の夫になるはずだった男が契約通りに支払わなかったとして父親の男が警察に苦情を申し立てたことで事件が明るみに出た。契約は第三者を介して行われていた。

父親の男は人身売買の容疑で逮捕され、18歳の男も法定強姦の疑いで逮捕された。少女は家族の元に連れ戻されている。

グリーンフィールド警察の声明によると、これまでにも子どもを売ったり、売ろうとしたりする事件が数件起きており、うち1件では12歳の子どもが巻き込まれている。

地元の警察署長はこの種の事件は移民のコミュニティーで問題になっており、同様の事件のうわさも耳にしていたが、起訴に持ち込めたのは今回が初めてだと語った。


なんとも不埒な親。
自分の娘を売るとは犬畜生よりも劣る行為。
ラベル:人身売買
posted by world at 20:56| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする