スポンサードリンク

2009年01月05日

イスラエル戦車部隊がガザ市を包囲、総死者数は510人超す


パレスチナ自治区ガザ地区(Gaza Strip)に侵攻したイスラエル軍地上部隊は4日、ガザ市(Gaza City)を包囲。5日未明現在、郊外でガザ地区を実効支配するイスラム原理主義勢力ハマス(Hamas)と激しい戦闘となっている模様だ。

目撃者によると、ハマスはロケット弾や路上爆弾でイスラエル軍の戦車部隊に応酬。爆発音や銃声がガザ市内に轟き、人々は市外に避難したり地下室に隠れて地上戦2日目の夜に備えた。

ガザ地区北部のベイトラヒヤ(Beit Lahiya)、ベイト・ハヌン(Beit Hanun)、ジャバリヤ(Jabaliya)でも、激しい戦闘が伝えられている。

また、AFPカメラマンの目撃情報によれば、南部のラファ(Rafah)でも、エジプトとの境界に作られた物資密輸用のトンネルなどを標的とした空爆が続いている。

ガザ地区の医療筋情報によれば、3日夜に地上戦が開始されて以降、戦車砲や空爆によるパレスチナ人の死者は少なくとも70人が確認され、空爆開始からの総死者数は510人を超えた。うち、87人が子どもだという。

援助関係者は、イスラエル軍の攻撃で現在ガザ地区では電気、水道が止まり、食糧も圧倒的に不足しており、人道危機が悪化していると警告している。

国際社会から即時停戦の呼びかけが強まる中、イスラエル側は強硬姿勢を崩していない。


この世に命以上に大切なものがあるのか・・・。
posted by world at 22:04| 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする