スポンサードリンク

2009年01月05日

シーア派聖廟近くで女が自爆、巡礼者など35人死亡 バグダッド


イラクの首都バグダッド(Baghdad)北部カジミヤ(Kadhimiyah)地区で4日、イスラム教シーア派寺院の近くで女が自爆し、治安当局によるとイラン人巡礼者や女性、子どもを含む少なくとも35人が死亡、65人が負傷した。

この寺院はシーア派の指導者(イマーム)ムーサ・カディム(Imam Musa al-Kadhim)の聖廟があり、バグダッド市内では最も重要なシーア派寺院。7日にシーア派歴で最も神聖な日を迎えるにあたり、同派の宗教行事「アシュラ(Ashura)」に多くの巡礼者が集まっていた。

爆発が起きたのは午前11時(日本時間同午後5時)で、自爆犯の女は検問所に並ぶ巡礼者の列に紛れ込んで、身につけた爆弾を爆発させたという。


宗教洗脳の恐ろしさを垣間見る思い・・・。
posted by world at 21:54| 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする