スポンサードリンク

2008年11月24日

シティグループ救済に200億ドル、米政府


米政府は23日夜、株価が急落している米金融大手シティグループ(Citigroup)の救済を決めた。「尋常でない大きな損失」に対し資産を保障するほか、金融安定化法に基づく不良資産救済プログラム(Troubled Asset Relief Program、TARP)から、優先株(配当利回り8%)を財務省が引き受ける形で、200億ドル(約1兆9000億円)を拠出する。

財務省と連邦準備制度理事会(FRB)、米連邦預金保険公社(Federal Deposit Insurance Corporation、FDIC)は同日、会合を開きシティ救済を検討。会合後の共同声明で、「不動産担保ローン・証券等、3060億ドル(約29兆円)に上る資産プールに尋常でない大規模な損失が生じる場合は、(シティグループに)保障を提供する」と発表した。不動産担保の不良資産については、バランスシート(貸借対照表)から分離しないとしている。


これで当座は息をつなげるとして、先々までは・・・。
posted by world at 18:38| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする