スポンサードリンク

2008年11月24日

オバマ次期米大統領で、ホワイトハウスのファッションにも「変革」の波?


「変革」というスローガンを掲げ、次期米大統領に当選したバラク・オバマ(Barack Obama)氏。経済の安定、イラクからの米軍早期撤退、国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)の指導者ウサマ・ビンラディン(Osama bin Laden)容疑者の捕捉などを公約とし、その手腕は今後問われることになるが、少なくともホワイトハウス(White House)のファッションに変革をもたらすことには成功しそうだ。

「オバマ氏の服装はとても素晴らしく、47歳よりもずっと若く見える」と、英国のファッション誌「GQ」の編集者ロバート・ジョンストン(Robert Johnston)氏は言う。「ファッション誌の表紙を飾ってもおかしくない米大統領は、ビル・クリントン(Bill Clinton)前米大統領とオバマ氏だけだろう。オバマ氏の服装は文句の付けようがないほどスタイリッシュだ」

■政治家たちは「意外な」ファッションリーダー

強力な、そして時には意外なファッションリーダーとなる政治家もいる。一昔前の米国ではフェドーラ帽をかぶるのが一般的だったが、帽子をかぶらないジョン・F・ケネディ元米大統領の影響で、その習慣がなくなったといわれている。イランのマフムード・アフマディネジャド(Mahmoud Ahmadinejad)大統領は、ベージュのジャケットがトレードマークで、国民に好評だ。ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)首相の着る黒いレインコートをは、旧ソ連国家保安委員会(KGB)のノスタルジアを国民に感じさせている。

オバマ氏の場合、特徴となるような服装はまだないが、ファッションの専門家によれば、オバマ氏の評価すべき点は着ている物ではなく、その着こなしだという。

■オバマ氏の着こなしに注目

オバマ氏のスーツはジムで鍛えられたその体に完ぺきにフィットしていると、「men.style.com」の編集責任者Tyler Thoreson氏は指摘する。ジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)大統領と同世代の男性が着ているような仕立ての悪い服とは大違いだ。

「その理由は単純だ。オバマ氏のスーツはその体型に合うように仕立てられている。ところが、ほとんどの中年男性の場合は大きめの服の中で泳いでいるようなものだ」

さらに注目すべき点はネクタイの結び方だという。オバマ氏はフォーマルなウィンザーノットではなく、シンプルノットを好む。「オバマ氏は間違いなく、男性のファッションに大きな影響を与えるだろう」とThoreson氏は話す。

高級ファッションブランドが並ぶニューヨーク(New York)5番街も、オバマ氏の服装を高く評価している。5番街のある店舗で働くスタッフは、「ファンシーではないけれどエレガント。オバマ氏の個性が出ている」と言う。

■スーツは良くても、普段着はいま一つ?

しかし専門家の目から見ると、オバマ氏の普段着だけはいただけないようだ。ニューヨークタイムズ(New York Times)紙は、ジーンズにシャツという姿に、ウィンドブレーカーを羽織り、白のテニスシューズを履いたオバマ氏は、「まるで有名コメディアン、ジェリー・サインフェルド(Jerry Seinfeld)が自分のコメディー番組に出演している時のようだ」と報じたことがある。


オバマ新大統領のスーツ以外の姿も、なかなか素敵だと思いますが・・・。
posted by world at 10:53| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする