スポンサードリンク

2008年10月02日

日経平均、終値1万1154円76銭 約3年4か月ぶりの最安値


2日の東京株式市場は、日経平均株価の終値が213円50銭安(前日比)の1万1154円76銭で、2005年5月以来の最安値で引けた。米上院が金融安定化修正法案を可決したにもかかわらず投資家の懸念は取り除けなかった。

産業界には、円高による輸出利益の縮小や、世界的な経済低迷がもたらす売上げ減への懸念が高まっている。

投資家の間には、7000億ドル(約73兆7000億円)の公的資金を投入するとした金融安定化法案を29日に否決した米下院が修正法案を可決するのか、様子見の雰囲気が広がっている。

目先、米下院が修正法案を可決するか否か・・・がポイント。
posted by world at 20:12| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする