スポンサードリンク

2008年08月16日

ロシア軍、グルジアでクラスター爆弾使用か 人権団体報告


グルジア軍とロシア軍の激しい戦闘が起きたグルジア中部ゴリ(Gori)などで、ロシア軍機がクラスター爆弾を投下した証拠を入手したと、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(Human Rights Watch)が15日発表した。

ヒューマン・ライツ・ウオッチによると、少なくとも民間人11人が犠牲となり、中にはオランダ人ジャーナリスト1人も含まれていた。また負傷者も数十人に上った。同団体の調査チームが現地の医師団や被害者と話し、写真を検証した結果、ゴリおよび近距離にある南オセチア(South Ossetia)自治州のRuisiでクラスター爆弾が使用されたと確信するに至ったという。

地雷と同様の殺傷性を持つクラスター爆弾については、今年5月にアイルランドで行われた111か国参加の国際会議で、禁止条約が正式に採択された。しかし、ロシアとグルジアは参加していなかった。

クラスター爆弾の使用が明らかになったのは、2006年のイスラエルによるレバノン進攻の際、イスラエル軍によってイスラム教シーア(Shiite)派武装組織ヒズボラ(Hezbollah)に対して使用されて以来だと、ヒューマン・ライツ・ウオッチは発表している。


欧米寄りの現グルジア政権を追い落とすべく、プーチンロシア軍の執念を垣間見る思い・・・。
posted by world at 01:12| 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。