スポンサードリンク

2008年06月21日

中国政府、暴動関与の1157人を釈放


中国政府は、3月に中心都市ラサ(Lhasa)で発生した大規模暴動に関与したとされるチベット人のうち、これまで1157人を釈放したと発表した。20日、国営新華社(Xinhua)通信が伝えた。

チベット(Tibet)自治区のペマ・チリン(Palma Trily)副主席はラサ市内で会見を行い、釈放された人びとは暴動に関係した軽犯罪で拘束されていたと語った。

チベットでの聖火リレーと時を同じくしての釈放。
国際社会へ向けて民主制をアピール。
posted by world at 19:24| 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする