スポンサードリンク

2008年06月10日

四川大地震のせき止め湖、危険水位は脱する ミサイルで巨石爆破も


中国国営新華社(Xinhua)通信は10日、決壊の危険性が高まっていた四川大地震で唐家山(Tangjiashan)にできた「せき止め湖」で、ミサイルやダイナマイト、ブルドーザーなどで新たな排水路を増やした結果、排水が進み危険水位を脱したこと明らかにした。

同通信によると、せき止め湖周辺の巨石が破壊され、ほかのがれき類が撤去されたことで、同日正午ごろから、流入するスピードの60倍ほどのスピードで排水が進んでいるという。

中国の軍当局は、排水路の1つをふさぐ巨石に小型ミサイル10発を発射し爆破したという。こうした努力が効を奏し、危険水域からは脱することができたという。

当局は、せき止め湖が決壊した場合、100万人以上が被害を受ける危険性があると警告しており、すでに差し迫った危険がある25万人が避難を余儀なくされている。

さすが軍事大国。ひとまず峠は越したようです。


posted by world at 20:46| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。