スポンサードリンク

2015年09月19日

安保関連法案可決【海外の反応】


2015年9月19日未明、安全保障関連法が参院本会議で自民、公明、日本を元気にする会、次世代、新党改革の5党などの賛成多数で可決、成立した。




アメリカは安保法案成立に対して、「日本の努力を歓迎する」とコメント。



安保関連法は集団的自衛権の限定的な行使を容認することが柱。武力を行使する他国軍を支援するための「国際平和支援法」と、既存の10法を一括して改正する「平和安全法制整備法」の2本からなる。10法には、「存立危機事態」の場合に集団的自衛権を行使できるようにする改正武力攻撃事態法、米軍以外にも後方支援を広げる重要影響事態法などが含まれる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150919-00000002-mai-pol


高校生にも読んでほしい安全保障の授業
高校生にも読んでほしい安全保障の授業



【以下、海外の反応】


・これで日本も他の国と同じになったのか。



・これって日本の憲法に反してるんじゃないの?



・第三次世界大戦が始まるのか。



・もうアメリカは日本を守るのを止めて、在日米軍基地を引き上げようぜ。



・アメリカにとってはいいニュースだ。

・日本がアメリカからたくさん武器を買ってくれるな。





・素晴らしい。さすが日本。



・マジかよ。日本は最悪だな。



・ガンダムが動き出す日も近い。



・日本は正しい選択をした。日本の主権と自治権を守るために必要なことだよ。



・もっと早くてもよかったと思う。日本の反軍国主義は第二次世界大戦の後遺症のようなものだけど、日本も他の国のように、自分の国の利益を守る権利はある。



・中国が日本の領土を侵略しようとしてたからな。こうなるのも仕方ない。



・アメリカは日本の憲法9条改正を支持してるらしいね。日本の憲法を作ったのはアメリカなのに。



・アメリカの軍需産業にとっては宝くじが当たったくらい嬉しいニュースだな。日本が1000億ドルくらいの武器を買ってくれるぞ。



・世界が第三次世界大戦に向けて進んでいっている。



・奇しくも満州事変と同じ日に成立するとはな。



・また日本は満州を侵略するのかな。



・将来の歴史学者はこの日を安倍維新と名付けるだろう。



・日本の軍隊が海外派兵されるのは楽しみだな。相当な能力を持っているだろうから。

・まだ現実世界での経験はないらしいぞ。



・でも日本では反対する人がかなり多かったみたいだよ。


・日本人が二人もISILに殺害されたことを考えれば、これは素晴らしいニュースだよ。



・中国はアジアの眠れる龍を起こしてしまったようだな。



・70年かけてようやく日本は敗戦から立ち直り、次の戦争に向けての準備ができたのか。



・素晴らしいニュースだ。日本が自国の領土、そして他国を守るためには必要だからね。


出典:Japan passes law allowing troops to fight abroad




posted by world at 21:13| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

海岸に打ち上げられた移民男児の遺体、欧州各国で波紋呼ぶ


トルコ沖で移民らを乗せた船が転覆した後、海岸に打ち上げられた男児の遺体を写した写真が、大きな反響を巻き起こしている。

トルコの通信社ドーガンが撮影した写真には、トルコ・ボドルム近くの砂浜にうつぶせに横たわる男児の遺体が写っている。遺体はその後、警官によって拾い上げられた。

写真はインターネット上で広く共有され、ツイッター上ではハッシュタグ「#KiyiyaVuranInsanlik(海岸に打ち上げられた人間性)」が世界のトレンド上位に入った。

英紙デーリー・テレグラフは「難民危機の真の悲劇を示す恐ろしい画像」との見出しを掲載。英紙ガーディアンは、この写真が悲惨な現状を「国内に持ち帰った」と報じた。

英紙インディペンデントは、「もし、シリア人の子どもの遺体を写したこの非常に力強い写真をもってしても、欧州の難民に対する姿勢が変わらないとしたら、いったいどうやったら変わるというのか」と報じた。

また、ハフィントン・ポスト英国版は、「何とかしろよ、デービッド」と、同国に到着する移民に対し強硬策をとるデービッド・キャメロン英首相に迫った。

スペインでは、エルパイス、エルムンド、エルペリオディコの各紙のウェブサイトも写真を掲載。エルペリオディコ紙は「欧州の水死」とのタイトルを写真につけた。

男児は、ギリシャのコス島に向かう途中の2日朝にトルコ海域で沈没した移民船2隻に乗っていて死亡したシリア人のうちの一人とみられている。

死亡したのは少なくとも12人で、うち5人が子ども、1人が女性だった。他に15人が救出され、救命胴衣を着け海岸にたどり着いて助かった人もいた。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150903-35069879-cnn-int
posted by world at 22:08| 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐野研二郎・東京五輪エンブレム使用中止問題【海外の反応】


【五輪エンブレム】エンブレム撤回 海外にも波紋 朝鮮日報「よろめく東京五輪」

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1441159358/


エンブレム撤回 海外にも波紋 朝鮮日報「よろめく東京五輪」

2020年東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムが1日に白紙撤回されたことは、海外にも波紋を広げた。各国メディアの扱いは大きく、関心の高さをうかがわせている。


「出だしから致命的ミス」と電子版のトップページで報道したのは韓国紙、朝鮮日報。 東京五輪は「相次ぐ悪材料でよろめいている」と指摘した。さらに「(五輪を通じて)東日本大震災の後遺症を払拭し、軍事・経済強国の復活を宣言しようとした安倍政権は苦しくなった」と解説した。

米紙ニューヨーク・タイムズは電子版で、盗用疑惑に世論の非難が高まり、大会組織委員会が抗しきれなくなったと伝え、エンブレム問題が新国立競技場の整備計画撤回に続く「大きな不祥事」になったと結論付けた。

英BBC放送の電子版は、日本は五輪開催国として信頼できるとみられていたが、新国立競技場の見直し問題も含め、ぶざまな成り行きになったと報じた。

英紙ガーディアンは、組織委が佐野研二郎氏のデザイン原案を公表する「異例の手段」に訴えたことが、裏目に出たと分析。佐野氏の過去のデザインについても模倣疑惑が出ていると伝えた。(共同)

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/09/02/kiji/K20150902011052221.html



「二つ目の恥」=五輪エンブレム問題―海外メディア

佐野研二郎氏がデザインした2020年東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムが使用中止になったことを海外メディアは批判的に伝えている。

米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は1日、五輪メーン会場となる国立競技場建設計画の白紙撤回に続く「東京五輪に向けた二つ目の大恥だ」と報じた。

英紙ガーディアン(電子版)も、使用中止の経緯や国立競技場建設計画の白紙撤回について詳しく報道。「組織委員会は競技場とエンブレムの両方で新しいデザインを決めなければならなくなった」と伝えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150902-00000038-jij-n_ame
posted by world at 21:59| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。