スポンサードリンク

2015年07月18日

貧困ニジェール 栄養失調の子どもに広がる顔溶ける恐怖


13歳の少女、ムルジャさんの鼻は壊疽(えそ)によって溶けてしまっている。上唇と、上側の歯茎の一部もだ。栄養失調が原因で発症する壊疽性口内炎(水がん)に冒されているのだ。

最貧国の一つ、西アフリカのニジェールに住む、はにかみがちの少女ムルジャさんは「前はもう少しましだったのに」と不安げな様子で話した。複数の菌の感染によって起こる壊疽性口内炎で大きく損なわれた外見を気にして、ムルジャさんは相手の目をまっすぐ見て話すことができない。最初は炎症を起こした歯茎から出血し、そのわずか3日後には、鼻などの組織が急速に壊死し、彼女の美しさと子ども時代は失われた。

1992年からニジェールで活動するスイスのNGO「サンティネル(Sentinelles)」の看護師、ファティ・バダマシさんは「問題はこの病気の進行が非常に速いということ。壊死は72時間以内に起こる。顔に黒っぽいまだらが現れてから患者が来るころには、もう手遅れだ」と話した。

ニジェールでの慈善活動を監督しているアリ・アダさんによると、壊疽性口内炎は「死体から臭うような腐敗臭」を放つ。「事務所に着いて、壊疽性口内炎の患者が来ているとすぐに分かる」という。ムルジャさんの患部からも強い臭いがしていた。


■貧困から生じる病


壊疽性口内炎は、食糧不足の地域で主要なビタミンが欠乏し発症することが多い。水の細菌汚染など衛生問題も関係している。また自然免疫力が極端に落ちた状態でも発症しやすい。

ニジェールでは食糧危機が頻繁に起こる。保健、教育、所得に関する国連開発計画(UNDP)の指標、人間開発指数(HDI)では最下位だ。また国連によると、1人の女性が生涯に産む子供の数では、ニジェールが7.6人で世界のトップ。だが、14年6月の時点で、5歳未満の子どもの15%超が飢餓状態にあり、毎年、4000〜6000人の幼児が栄養失調で亡くなっている。

世界保健機関(WHO)によれば、壊疽性口内炎はアフリカ諸国の大半の他、アジアのラオス、一部の南米諸国でもみられるが、世界全体で1年間に発症する14万〜18万人のうち大半を占めるのはニジェール人だ。

WHOの専門家、ブノア・バレンヌ(Benoit Varenne)氏によると、欧州では第2次世界大戦末期、連合軍がその劣悪な環境を直接目にしたナチス・ドイツ(Nazis)の強制収容所での症例の記録が最後だ。「そう考えれば、どのような類の感染症を相手にしているのか、イメージがつかめるだろう」とバレンヌ氏はいう。

ニジェールの疾患対策に関わるイブラヒム・ハマドゥ(Ibrahim Hamadou)氏は、同国の壊疽性口内炎に関する信頼できる統計はないとしながら「90%の子どもが基本的な手当てを受ける前に亡くなっている」と説明した。


■予防に懸ける政府


スイスのNGO、サンティネルの協力で、ムルジャさんはまもなく同国ジュネーブ(Geneva)へ渡り、鼻と口の再建手術を受ける。しかし、同じく目など顔の左半分が壊死したセイミ君もスイスで皮膚と筋肉組織の移植手術を受けたが、外見が大きく損なわれた状態は変わらない。片方の目は完全に失われてしまった。

ジュネーブ大学病院(Geneva University Hospitals)のブリジット・ピッテ(Brigitte Pittet)外科教授は「私たちがやっていることはほとんど奇跡だが、完璧にはほど遠い」と話した。

しかも手術の費用は極めて高い。そこでニジェール政府は、壊疽性口内炎の予防に関する知識を広める活動と抗生物質に期待をかける。疾患対策当局のハマドゥ氏は「母親たちにショックを与えるような恐ろしい写真を見せて」、子どもが感染した場合には一刻も早く手当てを受けるよう呼び掛けていると話した。「十分早い段階で壊疽性口内炎を発見できれば、結果は非常に向上する」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150718-00000021-jij_afp-int

ニジェール―独立50年の全体像
ニジェール―独立50年の全体像
posted by world at 23:09| ライフ・カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英フィリップ殿下、女性団体に「誰のすねかじり?」


英国のエリザベス女王(Queen Elizabeth II)の夫で、失言癖のあるフィリップ殿下(Prince Philip、94)が16日、地域センターを訪問した際に女性団体をからかうような発言をした。

女王と一緒に「チャドウェル健康アジア女性ネットワーク」(Chadwell Heath Asian Women's Network)」の会合を訪れたフィリップ殿下は、会の創設者であるヌスラット・ザミール(Nusrat Zamir)さん(35)に「あなたがたは、誰のすねをかじっているのかな?」と尋ねた。

「すねをかじる」ことを英語で「スポンジ・オフ」とも表現するが、王室の側近が後で説明したところによると、フィリップ殿下は、ザミールさんたちから女王夫妻にスポンジケーキが贈られたことにかけて、だじゃれを言ったのだという。

ザミールさんは殿下の発言を冗談と解釈し、その後取材陣に対し「私たちはみんな結婚しているので、夫たちのすねをかじっているということになりますね。殿下はからかっていただけですよ。私も夫のことを『お財布』と呼んだりしますしね」とコメントした。

ザミールさんによれば、フィリップ殿下からはさらに「集まってゴシップ話をするのかな?」とも質問されたという。

ザミールさんはそれも冗談だったと述べ、「よくある質問です。多くの人から殿下がおっしゃったようなことを言われますが、私たちはたくさんの仕事をしています」と語った。

またフィリップ殿下はこの訪問中、会場だったチャドウェル地域センターのアン・エストレア(Anne Estlea)センター長に対しては「コミュニティー」という言葉を使いすぎだとからかい、またゲストの一人、マーティン・ショー(Martin Shaw)さんのことも冷やかした。

ショーさんは「自分は資金集めの専門家だと申し上げたところ、殿下に『友達は残っているかね?』と聞かれたので『そんなに残っていません』と答えました」と語った。

フィリップ殿下は即興の発言で過去に何度もメディアをにぎわし、時に物議を醸してきた。1986年の中国訪問の際には英国人留学生たちと面談した際に「ここにいればいるほど目が細くなってしまうぞ」と声をかけ、98年には、パプアニューギニアを旅した学生に「よく食べられずに帰ってきたね」と話し掛けたこともある。


相手は英国の殿下。たとえ失言であっても冗談と笑い話にすり替えなければならない苦しさ。

このじいさん、もう隠居してもらうしかないのでは。

posted by world at 22:51| ライフ・カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

メキシコ麻薬王の脱獄トンネル、内部を公開【画像】


メキシコ・アルティプラーノ(Altiplano)で、麻薬王「エル・チャポ(El Chapo)」ことホアキン・グスマン(Joaquin Guzman)受刑者が刑務所から脱獄した際に使用した長さ1.5キロのトンネル内部が、AFPのカメラマンに公開された。


夏場は特に重宝します、グランズレメディ。
これで足の臭さ解消!
グランズレメディ 在庫あり 最安値


posted by world at 21:34| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

【中国上海株暴落】9000万人が損失


上海株が暴落した中国。いつ暴動が起きてもおかしくない状態だ。上海市内は警察官も増え、
いっそう物々しい雰囲気となっている。

自殺者も続出している。自殺第1号は、6月10日。32歳の男性が、「カネ儲けをしたい屍」と
題した遺書をネットにアップした後、湖南省のタワーマンションの22階から飛び降りている。

以後、全財産を失った個人投資家たちが、次々に「跳楼」(飛び降り自殺)するケースが
中国全土で相次いでいる。「跳楼」という言葉は、流行語になっているほどだ。

デマも飛び交っている。「空売りして儲けたのは、江沢民と曽慶紅の家族だ」と、不満の矛先は
国家の中枢に向かう。その一方で、「ジョージ・ソロスが空売りしたらしい」「反中国の外国勢力が
故意に暴落させた」と、外資犯行説も。

さらに、愛国心に訴え「市場防衛には愛国を掲げて闘うしかない」とあおる連中も出ている。
こちらは、責任を逃れるために政権サイドが意図的に流した可能性もありそうだ。

7/15アマゾン最大のセール prime day

posted by world at 22:11| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メキシコ麻薬王脱獄の瞬間、映像公開 刑務所員22人拘束


メキシコの麻薬王「エル・チャポ(El Chapo)」ことホアキン・グスマン(Joaquin Guzman)受刑者が脱獄した事件で、同国政府は14日、同受刑者が独房内のシャワー部分に入り姿を消す瞬間を捉えた監視カメラの映像を公開した。

映像には、グスマン受刑者が独房内を動き回った後、シャワースペースを区切る低い壁の後ろにしゃがみ込む様子が写されている。だが、同受刑者が脱獄に使った穴は見ることができない。

メキシコ市(Mexico City)の西方90キロに位置するアルティプラーノ(Altiplano)にある厳重な警備下の刑務所に収容されていたグスマン受刑者は、11日夜、独房内のシャワーの下に掘られた長さ1.5キロのトンネルを抜けて脱獄した。

グスマン受刑者の大規模捜索が3日目を迎えた14日、検察当局は、脱獄に刑務所関係者が協力していた疑惑をめぐり取り調べを行っていた刑務所職員34人のうち12人を釈放、22人を正式な勾留下に置いた。13日に解任された刑務所長が釈放された12人の中に入っているのか、それとも拘束が続いているのかについては明らかにしていない。

また検察当局は、グスマン受刑者の弁護人2人と、同受刑者が逃走したトンネルの終端の土地の所有者の取り調べも行ったという。ミゲル・アンヘル・オソリオ・チョン(Miguel Angel Osorio Chong)内相は13日、グスマン受刑者には刑務所職員の手助けがあったに「違いない」と述べた。

7/15アマゾン最大のセール prime day
posted by world at 14:44| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

墜落生き延びた米少女、自力で山下り数日後に保護


米ワシントン州で、搭乗した小型機が墜落し行方不明となっていた16歳の少女が、数日間にわたり山中で過ごした末、無事保護された。地元紙が報じた。

地元紙シアトル・タイムズによると、オータム・ビーチさん(16)とその義理の祖父母が乗った小型機は11日、モンタナ州に向けて飛び立った後、ワシントン州北部のカスケード山脈の山中に墜落。行方不明となったビーチさんは、生存が絶望視されていた。

だがビーチさんは、祖父母を墜落機から引っ張り出そうと試みた後、川沿いを歩いて道路を見つけ、近くの商店にたどり着いたという。現場に最初に駆け付けた当局者が同紙に語ったところによると、ビーチさんは数日間にわたり飲まず食わずの状態だった。

ビーチさんは13日にワシントン州ブリュースターの病院に搬送されたが、重傷は負っていない。墜落機の捜索は現在も続けられており、祖父母の安否や墜落原因は依然として不明という。


7/15 Amazon最大のセール Prime day
posted by world at 23:01| 災害・事故・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

なでしこジャパン アメリカに惨敗【海外の反応】


なでしこジャパン、決勝でアメリカに惨敗! → 海外の反応がガチでヤバすぎる【サッカーFIFA女子ワールドカップ2015】


なでしこ惨敗を見た海外ツイッターの反応

引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1436141505/

b03e3fe4-s.jpg

1:

Khaled Almadhoun ‏@KhaledAlmadhoun
Is this the equivalent of the USA dropping a nuke on Japan? #historyrepeatsitself
これってアメリカが日本に原爆落としたのと一緒じゃね?#歴史は繰り返す

Jake Wells ‏@wakejells
July 5th, 2015: the day we dropped the third nuke on Japan 
2015年7月5日:我々が日本に3度目の原爆を落とした日

Jack Jones ‏@j_jones1998
Just dropped another nuke on Japan
日本にもう一発原爆を食らわせてやったぜ

2:
Robert Granda ‏@radical_robby
Looks like USA just dropped a 3rd nuke on Japan 
USAが3発目の原爆を日本に落としたみたいだ

Brian Johnstone ‏@vanilia_thunder
Worst beating of Japan since the nuke on Hiroshima #usa 
広島への原爆投下以来、日本にとって最悪の敗戦 #usa

8d95e210-s.jpg


【サッカー】なでしこジャパン準優勝 米国に2-5で敗れ連覇ならず ロイドハットトリック 女子W杯2015決勝

日本 2-5 アメリカ

0-1 カーリ・ロイド(3分)
0-2 カーリ・ロイド(5分)
0-3 ローレン・ホリデイ(14分)
0-4 カーリ・ロイド(16分)
1-4 大儀見優季(27分)
2-4 オウンゴール(52分)
2-5 トビン・ヒース(54分)

[日本女子代表]
GK 18 海堀あゆみ
DF 3 岩清水梓 →  MF 10 澤穂希(33分)
DF 4 熊谷紗希
DF 5 鮫島彩
DF 19 有吉佐織
MF 6 阪口夢穂
MF 8 宮間あや
MF 9 川澄奈穂美 → FW 15 菅澤優衣香(39分)
MF 13 宇津木瑠美
FW 11 大野忍 → FW 16 岩渕真奈(59分)
FW 17 大儀見優季

http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2247-2247-lv




3:

海外にもツイカスっておるんやな


7:

海外のツイカスwwww


12:

こいつら絶対悪いと思ってないよな


24:

検索かけたらマジでたくさんいてワロタ


31:

やっぱツイカスって害悪だわ


33:

国民全員被爆者と言う認識なのかよ


39:

>>33
トンキン人はフクシマでもれなく被曝しとるやろwww


120:

>>39
放射能検出したから分析したら60〜70年代の中国核実験の核物質だったんだよなぁ…


36:

サッカーって歴史問題を持ち込んで楽しむスポーツやぞ


43:

ジャパンとネットは同レベルやな


57:

米国からすれば逆ギレして宣戦布告前に襲って来た野蛮人なんかそらボコボコにして気分ええわってな


72:

nukeっていうんやな
ひとつかしこくなったで


118:

日本相手ならこれくらいやってもセーフやろ
他の国にもっと酷いことしてきたし


>>133
やっぱりサカ豚はアホやな何で煽っとるんや


144:

>>133
Jカス臭すぎ


160:

>>133
反米のワイもこれにはドン引き


164:

なでしこがブスなせいで原爆で煽られて悲しい


189:

まぁ前回の時に俺もパッピーパールハーバー&911ってアメリカ人煽りまくったから今回は許したるわ。


221:

日本が仕掛けた戦争で負けたんだから何言われても反論出来ない


55:

畜生すぎて草


8:

ネタでも笑えへん


11:

海外にも馬鹿はおるってことやな
ワイらがブリカスアメカス言うのと変わらんわ


撫子のキセキ なでしこジャパン&ヤングなでしこメモリアル写真集
posted by world at 21:48| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

ギリシャ国民の苦難 年金生活者が号泣


ギリシャ第2の都市テッサロニキ(Thessaloniki)で3日、3つの銀行に足を運んできたという年金生活者、イオルゴス・チャッチフォシャディス(Giorgos Chatzifotiadis)さん(77)の姿があった。妻の代わりに年金を引き出そうとしたが、どこの銀行でも駄目だったという。

4つ目の銀行で、「120ユーロ(約1万6000円)は引き出せません」と告げられ、彼はついに泣き崩れた。

チャッチフォシャディスさんはAFPの取材に対し、自分が取り乱したのは、「自分の国がこれほどの窮地にあることに耐えられなかった」からだと明かした。「すっかり打ちのめされた。個人的な問題よりこたえる」

銀行の外に座り込み、通帳と身分証明書を地面に放り投げて号泣しているチャッチフォシャディスさんの様子を捉えたAFPの写真は、債務危機にあるギリシャで一般市民がどれほど苦しんでいるかを表している。

ギリシャ政府は資本規制を導入し、先月29日以降、現金の流出を防ぐためにすべての銀行の営業を停止したが、1日にはいくつかの支店で3日間の営業再開を許可した。銀行カードを持たない年金生活者が、年金を上限120ユーロまで引き出せるようにだ。しかしチャッチフォシャディスさんは、4つ目の銀行で打ちのめされていた。

チャッチフォシャディスさん夫婦は、ギリシャ北部に住む多くの市民と同じく、ドイツで何年も暮らしていた。彼はドイツの炭鉱や鋳造所で「必死に働いた」という。

彼が妻の年金を送金する送り先は、ドイツのベルリン(Berlin)だ。多くのギリシャ国民は、新たな支援を求めるギリシャに対して緊縮策を要求したドイツ政府を非難している。

「パンを買うのに数セント恵んでほしいと言っている市民もいるし、自殺者も増えている。私は繊細な人間なので、自分の国がこんな窮地にあるのを見るのは耐えられない」とチャッチフォシャディスさんは言う。

「欧州とギリシャは間違いを犯した。私たちは解決策を見つけなくてはならない」

しかし、状況を改善するのに自分にできることはほとんどないと彼は考えている。それどころか、欧州連合(EU)と国際通貨基金(International Monetary Fund、IMF)の金融支援条件の是非を問う5日の国民投票にも参加できるかどうかすら分からないという。投票所が、自宅から80キロ離れているからだ。

「子どもたちに車で連れていってもらわなければ、投票所まで行くお金もない」

posted by world at 22:18| 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする